体幹操作とメンタル&フィジカル 武術呼吸のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
HOME ダイエットの呼吸 メンタルの呼吸 スポーツの呼吸 セミナー動画/無料
よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集4体幹操作とメンタル&フィジカル 武術呼吸のすすめ
 

 メンタル&フィジカル 武術呼吸のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは主に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

さて、体幹操作とメンタル&フィジカル 武術呼吸のすすめ」 について、
よく言われる「精神論か肉体論か」なのですが、
どうしても人は何かと何かを比べてどっちが優れているかという片方に結論を求めますが、
しかし何事も相反する両方(二元論)ともが必要なのです。

二極に分ける考え方は、
西洋のキリスト教的(二元論)で優劣を付ける考え方ですが、
相反する二極を融合して一体化した時に物事は完成に至るという考え方が
東洋的(二元論)であり陰陽説の考え方です。

ですからメンタルだけが優れていてフィジカルが劣っている訳でもなく、
また逆でもなく二つが統合して一つの働きをすることが完成の姿なのだということになります。

夜と昼を一つにして一日となり、心と体があるから人間であり、
またそれを心だ肉体だと言って分けて考えるからどっちかに偏って優劣論がでてきて、
どちらか半分しか完成しないということです。

さて、武道の精神はと問われると
「己を捨てる」という覚悟が出来るかどうかだと思いますが、
これは何かを得ようとすれば何かを手放すという自然の法則でもある訳なんですね。

これは、本来なら命のやり取りだった武道全般に言えることですが、
どれほど技術やテクニックというものを訓練して上達したとしても「心が弱く気が小さい」
小心者であれば、そのテクニックも実践の場では決して役に立たない訳です。


 

  体幹操作は(二元論)「見える触われる肉体」と「見えない触われない心」


ここで「考え方やマインド」などと言うと堅苦しく聞こえるかも知れませんが、
やはり、何かを習得するために何かを学ぶということは、
技術やテクニックばかりを追っていても心などの内面を鍛えることは困難だと言えます。

「心は心、体は体」というように、バラバラに分けて使ったり、
精神科や内科のように身体を分けて病気を考え、
部分的に診断し対処しているのが現実の医療でもありますが。

我々のカラダの中には「見える触われる肉体」と「見えない触われない心」が同居しています。
この相反する2つのものを「統合させて使う方法」
を学ぶことができるのが「体幹操作法」だと言えます。

理解が遅い人や中々習得できない人の共通点は、
このようにテクニックなどの形ばかりを追って
「本質を見ていない人」が多いからではないかと感じています。

その習得したいものに対する「捉え方 考え方」であり、
このメンタルも含めたマインドセットになる部分を、
しっかりと理解した上で稽古や練習に取り組む方が、より早く
「確実に習得できる一番の近道」ではないかと考えています。

そういう意味でも「原理や理論 法則」を少しでも理解して頂きたくて、
このようなサイトや教材を作って「体幹操作法」の普及活動を行なっている訳なんです。

少々、小難しいと感じられるかも知れませんが「考え方や理屈の段階」では、
理論的にも通らねばならない道として、ご理解頂いた上で視聴して頂ければ嬉しく思います。


スポーツの呼吸 TOP



【体幹操作シリーズ】(呼吸の使い方)
呼吸の使い方を覚えて門外不出の「秘伝の呼吸」を習得できる教材を紹介します!

自己形成メソッド 体幹操作(呼吸の使い方)
 
★ 呼吸の仕方を変えて
人生を180度好転させる方法!


呼吸と体軸で自己改革(呼吸の使い方)
 
★ 3つの呼吸の効果・・
あなたはどれを目指したいですか?


メンタルの呼吸
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/