体幹操作法と光合成の仕組み | 体幹操作法 中山明三Official Site

トップページ 中山師範 体幹操作法 体幹操作と基本理念 師範プロフィール お問い合わせ
 
体幹の使い方 記事集 体幹護身術TOP 記事 よくある質問「Q&A」 無料メルマガ登録
 
 TOP体幹の使い方 記事集体幹操作法と光合成の仕組み

 

  体幹操作法と光合成の仕組み




こんにちは飛鳥塾の中山です。

武道、スポーツに携わっている方の中にも「武術的な身体操作」 に 興味を持っている方は大勢いらっしゃるのではないかと思います。

あまりにも秘密裏に伝えられてきたと言う経緯もあって、武道や武術を修行する極く希な方たち 以外にはほとんど知られずに今日に伝わっています。

「武術的な体幹の使い方や考え方」などを学びたいけど、どこに行けば習うことができるのか・・ そういう事を教えられる先生を知らない・・などなど、私の所へもこのような質問のメールが結構届いています。

そこで 「武術的な体幹操作」 に関する動画サイトを配信や体幹操作法の教材を 出版したらどうか?
「動画や文章ですべてを解説することは不可能」だろうと思いますが、その「考え方や心構え」または、そこに至る ための「方向性や基本的な稽古法などは、サイトの動画や教材などでも伝えられるのではないかと考えました。

そんな時にこの動画で道しるべや体幹操作法の教材で学んで頂ければ 嬉しいです。 一人でも多くの人が、私たちの足元にある「日本独自の武道的な考え方」を感じ、 武術的な身体の使い方に興味を 示して頂ければ幸いです。

ほんの少し触っただけで相手を投げ飛ばしたり、倒したり、飛んでいったり、あんなことが本当に人間にできるのしょうか?  このサイトでは、この不思議とも思える身体操作について、できるだけ論理的に現実的に探って見ようと思います。

先ず体幹操作法と>光合成の仕組みについて 少し話してみたいと思います。 私は植物学者でもなく植物を研究する者でもありませんが、何かの本で「植物が重力に逆らって上に伸びる」ことを テーマにしている記事を読んだことがあります。

私の記憶が正しければ、植物は光合成という光のエネルギーにより、生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成 する仕組みのことを言うのだそうですが、そのため重力とは反対側の光に向かって伸びていくと いうことです。


  体幹操作の原理で枝は光へと重力に逆らい上へ、根は重力に沿い地中へ




その際、同時に光合成を持たない根の部分は、重力に沿って地中深くに降りて行くらしい。
葉や枝は光を求めて重力にも逆らって上を目指し 根は重力に沿って地中深くまで沈んでいく。

しかし、季節が終わり 「上に伸びて行った葉や枝は枯れ朽ち果て」ても、重力に従って 地中深く伸びた根は次の機会を待ちわびるように、その日を待ちながら次咲く準備を怠らない のです。

あなたは地球の重力を足枷にし重荷に感じていませんか? 我々人間が生きている場所はこの大きな球体である地球の表面です。 そして、私たちはこの地球上で様々な活動をし生活を しています。

その一つ一つの活動も仕事も生活も「すべては地球の重力に大きく影響」されて 生かされ ているということは、すでに我々が知るところです。

しかし、多くの人達はこの地球の重力や遠心力など、大自然の摂理をあまり普段は意識せずとも 「足枷となり心身に大きな負担」として生きているのが現状です。

それは、この地球の中心に向かって引かれている重力に逆らいながら生活を営み、自分の 身体を重力に沿わせる方法を知らずに生きているからに他なりません。

人生80年、長く生きても背筋がピンと伸びて、まるで重力が存在していないかのように、 伸び伸びと生きる老人もいる反面、重力に今にも押しつぶされそうな人たちも少なくありません。

このことが物語るように、人は重力が負担になって抵抗する筋力も弱り、最後には背中が曲がり 地面に押しつぶされそうな体型 になって老いていくのです。

重力に対抗する筋力の低下も著しくあって、最終的には誰もが向かう運命ではありますが、 しかし、もしこの「地球の重力に沿う身体の使い方」を知っていた なら、年老いてからも武道やスポーツなどの運動能力にも大きな開きが出ることは必至です。



NEXT⇒ 自然の法則と身体の環境へ

体幹の使い方 TOPへ

あなたは体幹操作法の教材を手に入れ、 武道やスポーツはもちろん、一般生活の中でも自分自身をうまくコントロールできるようになります。 なぜなら、
この「体幹操作法の教材」は、心身のコントロールに特化したプログラム だからです。


本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。


 

 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/