呼吸でスポーツ上達法(其の四) 呼吸の使い方|体幹操作法 Official WebSite

 
HOME ダイエットの呼吸 メンタルの呼吸 スポーツの呼吸 護身術の呼吸
セミナー動画/無料 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
 HOME >呼吸でスポーツ上達法(四ノ型) 呼吸の使い方

 
(其の四)
 
呼吸でスポーツ上達法


 


あなたは呼吸とスポーツの深いつながりをご存知だったでしょうか?
また、運動機能やスポーツに影響している呼吸のチカラを知っていましたか?


ここでは「呼吸でスポーツ上達法(其の四) 」として
関連記事を、このページに記事をまとめてみました。


昼と夜を一つにすることで一日になり、心と体を統一することによって人間完成に近づくように。

体幹操作は「体軸を明確化」して意識で軸を動かした後に身体が着いて動くということ。

体幹操作も、世間には見ただけですべてを判断し、理解したような顔で語る人が言います。

私たちには「考える」脳と「感じる」脳の2つの脳があり、圧倒的に「考える」脳が優位です。

体幹操作のセミナーでは、必ずと言っていいほど「マジカル パワー」 という声が聞こえます。

センター オブ グラビティ(重心)と体軸は、自然の原理に基づいた「地球の重力」に関連する。

「一拍子」とは複数の動作を123とコマ送りに動くのではなく一気に1で終わらせる動き方。

ここでは 体幹操作に重要な「コネクション(接続する)」する重要性について話してみます。

ここでは体幹操作とアトラクション(引力)または重力の切っても切れない関係をお伝えします。

ノー レジスタンス(No resistance)は、ここでは「無抵抗、無力」という意味で使っています。

ここでは体幹操作とボディームーヴメント(身体の動き)の関連についてお伝えしたいと思います。

体幹操作でも人の潜在能力をフルに出せる状況が「火事場の馬鹿力」などと呼ばれる現象なのです。

基本のテンプレート(型)を体に叩きこむことは、何をする場合も共通のことだと思います。

ここでは体幹操作の中で行なっているイントロスぺクション(内観法)に関してお伝えします。


スポーツの呼吸 其の一
スポーツの呼吸 其の二
スポーツの呼吸 其の三
スポーツの呼吸 其の五

【体幹操作シリーズ】(呼吸の使い方)
呼吸の使い方を覚えて門外不出の「秘伝の呼吸」を習得できる教材を紹介します!

自己形成メソッド 体幹操作(呼吸の使い方)
 
★ 呼吸の仕方を変えて
人生を180度好転させる方法!


呼吸と体軸で自己改革(呼吸の使い方)
 
★ 3つの呼吸の効果・・
あなたはどれを目指したいですか?


メンタルの呼吸
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/