・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作と究極の健康法 武術呼吸のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOME体幹操作と究極の健康法 武術呼吸のすすめ
 

  究極の健康法 武術呼吸のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは特に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

「体幹操作と究極の健康法 武術呼吸のすすめ」 について、
武道やスポーツを上達させるための身体の使い方・・というのが目立ちますが、
実はそれだけではないのです。
その他にも健康を作るための運動にもチカラを発揮します。

健康と言っても身体(肉体)の健康>法ばかりではないですよね。
「体幹操作法」の訓練によって、どのような効果が期待できるのか整理してみましょう。

1、スポーツや武道、舞踊などの動きが洗練されパフォーマンスが向上する。(中心の養成)
2、内面が強くなる、例えば集中力や想像力の向上など。(イメージの訓練)
3、動作の精密度が飛躍的に向上する。(体軸の養成)
4、特に心肺機能を中心とした身体内部の活性化。(瞑想呼吸法)
5、筋力アップ、特に体幹インナーマッスルの強化。(体幹の動作)
6、心身両面の健康向上。(意識で身体を導く訓練)

細かく分けると、もっと沢山ありますが、大きく分けて上記のような効果が期待できます。
これは私がこれまで修行してきて感じたことであり、
また指導している生徒さんたちから頂いた感想でもあります。

訓練してきた皆さんに、これだけの効果が感じられている「体幹操作法」は、
謂わば人生のための必要な要素が詰まっていて、
自分を変えるための訓練法だと言っても過言ではありません。

健康法に限らず、人生を如何により良く生きるか。
という広大なテーマになってきましたが「体幹操作法」を習得することは、
もはや身体の操作法に留まらず広い意味では、
人生を健康でいかに心豊かに自由に生きて行くかということに繋がっていくのです。


 

  この体幹理論は、身体の使い方だけに限らず日常の心身の健康法である。


私たちは難しいことや大変なことなど、
何も考えないで楽な方ばかり見て生きて行くこともできます。
例えば、家から一歩も出ないでパソコンの前に座ったまま生活すれば安全ですし、
家の中のことだけ知っていれば事足りますし、難しい問題にも遭遇しなくても済みます。

しかしインターネットから知識は得られても、実際に体験して肌で感じることはできません。
人と触れ合って心も体も傷つかず痛みもない代わりに、
外との交流から直接得られる貴重な経験や体験も同時に絶たれてしまいます。

インターネットを通して知識をインプットして、人と接する機会は少なかったとしても、
知り得た知識を自分の中に疑似体験として作り上げるための行動
は一人でも起こすことはできます。

それを自分の潜在意識に一つの体験として作り上げるために
「体幹操作法」で得られる効果について、以下にもう少し詳しく解説して行こうと思います。

私は、家にいながらインターネットで、瞬時に情報や知識を得られることは、
非常に便利な世の中になったと喜んでいますし、
その恩恵にもどっぷりと浸かって生活している人間の一人ですが・・。

ただ私が言いたいのは、情報や知識を得てもそれだけで終わってしまう人が、
残念ながら非常に多いと思いますし「そうかすごいことを知ったぞ」と感じたとしても、
それをアウトプットしなければ、自分のためにも世の中のためにもならないのではと。

ですから、インターネットから何かの情報や知識を得て、
自分の成長のためにも誰か他の人のためにも、その情報や知識を活かすことができれば、
もっともっとコミュニケーション豊かな世の中になるし、
自分の成長にも繋がるのではと思っています。

なので、この「体幹操作法で得た情報や知識」を、沢山の方にアウトプットして頂きたいのです。
手前味噌で申し訳ないのですが、この「体幹操作法の理論」は、
身体の使い方に限らず日常の心身の健康生活を維持するためにも、
私は世界中の人が知るべき情報だと思って書きましたし、
それだけの価値のあるスキルだとも思っています。


 

  体幹操作の目に見えない内面と目に見える肉体の両面の健康を作る。


1、スポーツや武道、舞踊などの動きが洗練されパフォーマンスが向上する。(中心の養成)

「体幹操作法」という全体に求められる期待としては、これが一番大きい願いだと思います。
身体の動きの基礎となる部分のトレーニングをして、
潜在的な身体能力を向上させることが期待できるからです。

2、内面が強くなる、例えば集中力や想像力の向上など。(イメージの訓練)

この意識の訓練は、意外と多くの人が避けたいことの一つかも知れませんが、
これを行うかどうかで全てにおける成長の度合いが飛躍的に向上します。
体幹操作法では体幹の動作と同時に、内面の意識の軸で体幹の動きを誘導します。
それによって肉体的な雑な動きを目に見えない意識のチカラを使って精密にしていきます。

この目に見えない意識やイメージを体幹操作法の中では主軸として訓練します。
この訓練の目的は心で体を導き動かすことにあるのですが、これら意識を明確にする訓練により、
集中力や想像力などが一般人より遥かに強くなることは実証済みなのです。

3、動作の精密度が飛躍的に向上する。(体軸の養成)

これは先程も書きましたが、武術では「目に見えないものは精密で、
目に見えるものは粗雑である」という教えがあります。
肉体(身体)はどれほど訓練しても雑の上程度が限界ですが、
この粗雑な肉体でも目に見えない意識や心で誘導すれば、より精密にすることができるのです。

逆に、肉体だけで動きを精密にする訓練をしても、
心や意識を伴わない動作は粗雑なままで終わるということでもあります。
大きなバスケットボールを想像してそれを回してみて下さい。どうですか?
案外簡単に回せるけど雑な動きだとは思いませんか?

次に、パチンコ玉やBB弾などの小さな球体を回してみて下さい。
さっきのバスケットボールより、更に集中力を要すると思いませんか? 
この更に更に小さくしていくイメージが、
精密さを高めて物体や肉体を精密な動作にしていく原動力になるのです。


>4、特に心肺機能を中心とした身体内部の活性化。(瞑想呼吸法)

これは体幹操作法の訓練で行う呼吸法の効果です。
呼吸法が心身の健康に多大な影響があるということを、信じていない人はいないと思いますが、
この「体幹操作法」で行っている呼吸法は、
武術呼吸法の中の養生呼吸法をアレンジし簡素化した呼吸法です。

瞑想法をしながら呼吸法を行う形ですので「瞑想呼吸法」と呼んでいます。
瞑想は3つの軸を意識で追いながら、
軸意識を呼吸に合わせながら行う呼吸法になります。

5、筋力アップ、特に体幹インナーマッスルの強化。(体幹の動作)

意識的に身体の軸を作り上げて、体幹を動かす訓練をしますので、
体幹の深部筋(インナーマッスル)が自然に鍛えられていきます。
特にインナーマッスルの代表とも言える腸腰筋周辺の深部筋は、
内蔵の働きとも密接に関係しています。

このインナーマッスルが強化されるということは、
内蔵をはじめ身体的健康を促進したり維持したりすることに
深く関わってくるということでもあります。

6、心身両面の健康向上。(意識で身体を導く訓練)

これも先程から言うように「体幹操作法」は、体幹を意識の軸で動かす訓練法ですので、
この訓練では身体(肉体)だけではなく、心身のトレーニングなので心身両面が鍛えられ、
両方が健康に向かうという理屈は理解できると思います。

人間は目に見えない意識などの内面よりも、
目に見えて形のある肉体を訓練する方が断然楽ですし好きなのです。
目に見えない内面を訓練するなどほとんどの人がやろうとしません。

仮に内面的に心や意識を訓練しようとしても、
目に見えず実感もないために長続きしないのは仕方ありません。
なので逆に目に見えて形のある肉体の訓練に逃げてしまうということです。

その原因は、内面という心の部分と外面という肉体(身体)を分離して考え、
分離して訓練をしているからだと思います。
今からは身体の訓練、次からは意識や心の訓練という具合にね。

この方法は、心の訓練の時間になったら憂鬱になりますし、身も入らない、
やる気も起こらないので、肉体の方の訓練ばかりになってしまう・・
というのが意識の訓練が敬遠される原因かと。

心と体を分離して考えるとこうならざるを得ません。
そうじゃなく、心と体を一体化して訓練を行えばいいのです。
「体幹操作法」では、
全ての訓練が一貫して心身両面を意識したトレーニング法を具体的に解説しています。


NEXT⇒ 体幹操作と集中力の鍛え方(習得法)へ

体幹操作法 TOPへ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

↑私の商品を紹介してアフィリエイトで稼ぎませんか!


Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/