重力に逆らわない体幹操作 | 体幹操作法 中山明三Official Site

トップページ 中山師範 体幹操作法 体幹操作と基本理念 師範プロフィール お問い合わせ
 
体幹の使い方 記事集 体幹護身術TOP 記事 よくある質問「Q&A」 無料メルマガ登録
 
 TOP重力に逆らわない体幹操作

 

  重力に逆らわない体幹操作



こんにちは
体幹操作法」の中山です。

重力に逆らわない体幹操作」・・意味不明 なこと言ってる・・?ってどこからか聞き返されそうです。笑
これセミナーでもよく使っている言葉なんですが、つまり「地球の重力を身体で感じよ」ということ なんですね。


こんにちは体幹操作法の中山です。

恐らく世間の通念では、こんなことを言うと変人か・・はたまた頭がおかしいのか・・? と
思われるかも知れませんが・・少しだけ我慢してお付き合い頂けれな光栄です。

少々話は脱線しますが、「人は自分が思った通りになる」ということを、自己啓発の本や 様々なところで耳にしますよね。でもこれって本当なんでしょうか。

思った通りになるだと、「世の中をなめんなよ」というのも一理ありますが、 本当に「思った通りになる」ということも真実なんです。夢も将来の希望もそうなんですが、 ここでは最も身近な身体に関して実験してみようと思います。

私たちの身体で試してみると、複雑に考えるよりも、単純かつ明確に解るんです。
「思った通りになる」ということが・・


  体幹の中心から一本の線で地球を股間でぶら下げていると思え!



先ず初めに、自分の頭のてっぺん(百絵)辺りに重心(重み)があると真剣に考えて下さい。
そして考えているその時に、誰かに軽く肩あたりを横から押してもらってみて下さい。

どうですか、簡単にふらついてよろめいて倒れませんでした? 同じように生活の中でも、頭頂に重心があると、どれほど足を踏ん張って立っていようと同じことです。

次に、股間(会陰)から一本の線で地球の中心を自分がぶら下げていると、これも一生懸命に想像してみて下さい。 今度はどうですか? 多少の力では、ビクともしなかったんじゃないでしょうか。

特に足を踏ん張ったり、身体に力が入ったり、まったくしていませんよね。
逆に身体は緩んでリラックスしてると感じませんか。

要するに日常生活の中では、頭でばかりあれこれと考えてばかりいる時は、身体が固まって安定せず 地に足が着かず上ずっているということなんです。

そうなんですね。
身体は強い意識によって瞬間に変えられるということを実証する実験だったんです。

今回のテーマである「地球に逆らわない身体を作る!」とは、 こういう身近な実験でもわかると思います。「倒れないようにしよう」「絶対倒れてなるものか」「負けてなるものか」

等などと結果にばかり執着していることが結果的には地球(重力)に逆らっているという ことになるんですね。

昔、お釈迦様が諭したとされている言葉に、仏は「ほっとけ」が語源であって、力を抜いて 自然に任せて「ほっときななさい」ということを仰ったのです。
「地球に逆らわない身体になりたい!」というのもそういう私の思いでもあるんです。


  体幹操作が解らん奴は解らんでいい!という指導方針であれば・・



余談ではありますが、今は残念ながら怪我が完治せず、引退した横綱の元トレーナーに、当時は大関だった彼に 「地球を股間からぶら下げて歩け!」という意識を徹底するように指導したことがあります。

テレビで観戦していて感じたのが、当時大関の身体が地球に根が生えたように重みがどっしりと増している姿でした。 よしこれからだと感じたところでしたが、勝負の世界は怪我一つでこんな結果になってしまう 厳しい世界なんだと改めて感じたものです。

武術の達人が「自然の法則に逆らうな」などと、抽象度の高い言い回しをして指導していますが、漠然とした一生の 人間修行ならば、それでも有りだとも思うのですが・・

少なくとも目的があって、達人的な技(身体)を習得するためならば「自然の法則」を
「地球の重力」に置き換えるだけで、望む目的を果たすためには早道だと思います。

「自然の法則」という解釈に広大な意味を持つ言葉によって、 私も何年もそれだけに惑わされて一歩たりとも前に進めなかった苦しい日々を思い出します。
また、それも修行ではあるのですが・・

確かに「抽象的」な言葉は、人に考えさせて成長を促すという利点はあります。
しかし、それだけでは何も掴めず理解できないまま脱落して行く人を私も大勢見てきました。

それは本人の能力だから仕方がない。・・解るように教えても解らないのであれば、これにも一理 ありますが、わざと抽象度を上げて教えている部分も垣間見れます。

「解らん奴は解らんでいい」という確固たる指導方針であれば、それもまた良し。
・・ということなのでしょうが・・

「地球の重力を活用」することも重力を感じることも、先ずは 「体幹操作法」の体軸や呼吸法を訓練していく以外にはありませんし、それが最短であり唯一の方法だと思っています。

さて、今回は「地球の重力」をテーマにお送りしましたが、如何だったでしょうか?
人間の身体は、身体という単体のみをどれだけ鍛えても、人間(単体)の仕組みがほぼ同じである 以上、多少の違いはあれ驚くほどの差は生じません。

もし、その鍛え抜いた身体を「地球の重力」という膨大な力を我が力として使えるような 身体に、もし仕上げることができるならば・・



NEXT⇒ 体幹で地球上から浮き上がれ! へ

体幹操作法 TOPへ

あなたは体幹操作法の教材を手に入れ、 武道やスポーツはもちろん、一般生活の中でも自分自身をうまくコントロールできるようになります。 なぜなら、
この「体幹操作法の教材」は、心身のコントロールに特化したプログラム だからです。


本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。


 

 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/