呼吸と体軸で自分を変える体幹操作(呼吸の使い方)



 
もし、呼吸の仕方で
 
 あなたの未来が変わるとしたら・・


 

・あなたは呼吸に関してどの程度までご存知でしょうか。
・あなたは呼吸とメンタルの関係について、どこまで知っていますか。
・あなたは呼吸とスポーツの関係、運動能力などに及ぼす影響をご存知でしたか。


あなたが得られる三つの呼吸効果

・新しい呼吸を取得し精密な身体動作で得意スポーツを制覇する。
・新しい呼吸を取得し集中力などの精神面の強化で出来る人に変身。
・新しい呼吸を取得し自律神経を整え基礎代謝を上げスリム体質へ。

もし、あなたが今までに呼吸と健康に関して興味を持っていたとしたら。

もし、あなたがこれまでに出来るものなら自分自身を変えたいと思ったことがあるなら。

もし、あなたが今までスポーツや武道の頂点を目指していたことがあるなら。

これから読む内容は、あなたが今まで見た中で最も強力な情報になるはずです。





ただ呼吸を加えるだけ。
あなたが取り組んでいるテニスやゴルフなど何かのスポーツに息を吹き込むだけ。
あなたが行っているストレッチなどの健康法にちょっとだけ呼吸を加えるだけ。
あなたが頑張っている資格試験などの勉強や学習に呼吸を少しプラスするだけ。

この「体幹操作法」の教材は、
一言でいえば、「呼吸と意識と行動」をジョイントするスキルを教えています。

もう少し詳しく言うと、
体軸に沿って息を吸い息を吐く、軸を呼吸でなぞって行く
呼吸で描いた図面に沿って意識や行動を精密化していくトレーニングです。


しかし、なぜ呼吸なのか、なぜ呼吸が必要なのか、等、
なぜ呼吸によって健康やメンタル強化、スポーツの飛躍的上達が期待できるのか。

これら詳しい内容については、
これから追々解説していきますので、楽しみにしながら読み進めて下さい。


 
呼吸法には関心あるけど
 
何から始めていいか分からない人へ!

申し遅れました。

私は中山明三(アキミツ)と申します。

長年武術の呼吸や身体操作などを研究し、
空手など武道の道場も20年以上経営し指導をしてきました。

それと同時に、整体治療院を経営し痛みへの治療の他、
身体の使い方や呼吸法なども指導し、
一般の方やアスリートなどの身体動作、
また、心身の健康をサポートして参りました。

そんな中にあって私は
呼吸の重要性に気付き「呼吸と意識」に関する研究をはじめ、
そして失敗の連続で挫折を伴いながら、
時には仲間に助けられながら、
18年余りの奮闘の末、何とか「呼吸と意識」を融合した体幹操作法を開発しました。




特に、集中力や想像力が格段に上がることと、
体軸を意識するトレーニングによって体の軸が鮮明になることで、
運動能力や身体能力も飛躍的に高まることを発見しました。

あなたが身体トレーニングだけを頑張ったとしても、
取り組んでいるスポーツも、中々上達している実感がしない。、
もしかしたら、そんな経験をお持ちなのかも知れません。

呼吸で意識(イメージ)を鮮明にし、
その鮮明に強化された意識で、身体を導いていくというイメージです。

明確な意識でくっきりと線を引いて、
その線上を身体がなぞって行くという動作イメージです。

つまり、太字で引いた線の上を、
身体がなぞって進んで行くだけで
イメージ通りの身体動作ができるというトレーニング法です。


 
意識で身体を導く実験 開始!

ここで実験をしますので、
あなたも一度試してみて下さい。
相手と向き合って立ち、
相手の胸あたりに自分の片手を素早くタッチしてみて下さい。

どうですか、相手に簡単に手を払われませんでしたか?

では次に、
あなたの手と相手の胸(タッチしたい部分)に
イメージで線を引いた後すぐに実際に相手にタッチしてみて下さい。

どうでしたか?
相手があなたの手を払いのける前に
相手の胸にタッチできたのではないでしょうか。
これが意識で身体を導くという基本原理になります。


きっとあなたも、
このようなトレーニング法があるのだったら興味がありますよね。

そのために、この訓練では
意識(イメージ)を明確にし強化するためのトレーニングを
基本的な訓練として呼吸を使うという訳です。

呼吸は無駄な緊張を取り除いて、
集中度を高めたり想像力を高めることができます。

この動画は武術の基本稽古の一例ですが、
突き詰めてトレーニングすれば、こんなことも可能になります。



あなたも私もすべての人が無意識ではありますが、
一日の中で約2万回もの呼吸を行っていると云われています。

ですが、
これだけの呼吸をしているのにも関らず、
どの位の人が自分の呼吸を意識しコントロールできているでしょうか。

一般的な人の呼吸も、もちろんあなたの呼吸も同様に、
無意識に浅くて短い呼吸になっているのが実情で
心身に好影響を与える正しい呼吸にはなっていないのです。

なぜなら子供のころから、
自然に則した正しい呼吸を教えてくれる大人がいたでしょうか。

生きるための必要最低限の呼吸は、
ほぼすべての人が本能的にできるようになっているのですが。

しかし、その日常の呼吸の仕方によっては、
病弱で命を縮めている人や、逆に健康的で毎日を楽しんで生きている人、
このように二つに分かれてしまうこともあるかも知れないのです。




 
あなたの呼吸の仕方で未来が変わる?

それはどういうことでしょうか。
実は肺の浅い部分だけしかガス交換されていない人と
肺胞といわれる奥深い細胞にまで酸素が届く呼吸をしている人
知らずとはいえ、それぞれの呼吸が寿命の長短にも影響している可能性もあります。

浅い呼吸の人は、
肺の深い部分まで新鮮な酸素と交換されていないために、
その肺の奥の方は二酸化炭素で澱んだままの状態になっているのです。

科学的エビデンスは定かではないにしろ、
命の長さは呼吸の数と比例するとも云われます。
それほど無意識に行っている私たちの呼吸は最重要なのです。

現代のストレス時代に生きている(環境問題)など、
私たちの生活環境や生活習慣などを見直すことも大事ですが、
健康に生きるということ一つを取っても、
まずは一日2万回の呼吸を少し変えることの方が大事ではないでしょうか。

しかも、意志さえあれば自分一人でもできますし、
何も準備する道具も設備もいりません。

一人になれる時間さえ確保できれば、
場所も選ばず服装も選びませんからね。

呼吸法と言えば、
酸素をより多く取り入れることが重要だと
誤解している人も多いのですが、
水も飲み過ぎてもいけないし、
食事も食べ過ぎてもよくないように、
呼吸(酸素)もただ量を多く取ればいいという
問題ではなく量より質が大事だということです。




量を取るために息を吸い過ぎる、
多くを取り込もうとすること自体が不自然で、
自然に合致しないものや欲張ってたくさん得ようとすること自体が
(過ぎたるは及ばざるがごとし)なのですね。

あなたは酸素不足を補うことが呼吸法だと思っていませんか?

酸素不足の状態も、酸素過剰の状態も、
どちらも身体には良くないということです。

健康で生きるためには、
呼吸のバランスを的確に保つことがベストです。

身体面だけではなく、
精神面においても呼吸の量ではなく深さが重要なのです。

つまり、呼吸は多く取り込めばいいという問題ではなく、
しかし少なすぎてもダメだということです。


 
あなたの呼吸は適切に
 
酸素を全身に行き届かせていますか?

「長〜い息」が長生きの語源だと言われますが、
この長い息も酸素をより多く量を取り込むということではなく、
肺胞といわれる深い部分の細胞にまで酸素を送り届けるという意味です。

一般的に多くの人が無意識に行っている短い呼吸は、
気管支から肺の浅い部分までしか届いていません。

つまり、
一日に2万回の呼吸を行っていても、
実は肺の浅い部分の「ガスの入れ替え作業」しか行われていないのです。

そのため脳が酸素不足と判断すると、
あくびをさせて酸素不足を補おうとします。

実は「あくび」は脳の自己防衛能力の一つで
酸素欠乏を防ぐための防御機能です。

勉強中や本を読んでいるときなど、
頻繁にあくびが出る人は、
もしかしたら日常的に呼吸が浅く
酸素が肺胞まで行き届いていないのかも知れませんね。




思い当たる方は、今の呼吸を改め呼吸の仕方を
少し変える必要があるかと思います。

適正な呼吸に改めるといっても、
多くの方が何が適正か、どう改めればいいのかを知りません。

脳や肺胞の酸素不足だけに限らず、
酸素の摂りすぎも身体に害を及ぼしますので、
ここでは適度な呼吸、適正な酸素量の摂取が重要です。

呼吸の長さや短さは酸素の量ではなく、
酸素が行き渡る深さと理解して下さい。

ここでは少し
「酸素中毒」について触れておきます。

「酸素中毒」とは、
酸素過剰が生体の解毒機能を超えて有害な作用をきたした状態。
だといえます。

それで正しい呼吸とは、
ということで、これから少し解説していきます。

呼吸の形には様々な型があり、
どれが一番正しいとは言い切れませんが、
それぞれの目的に応じた利点があると思います。

ここで解説しているのは主に「体幹操作法」の基本の呼吸で
トレーニング全体の主軸になっている呼吸です。

この呼吸は昔から言われている「丹田呼吸」を基にして開発した呼吸です。


 
もしあなたが得意分野で
 
頂点を目指すなら呼吸を味方に付けろ!

丹田呼吸は、
武術で云う「肚を練る」目的であったり、
現在では下腹部に集中することから健康的にも優れた呼吸法です。

呼吸の流れは、
鼻からの吸気で下丹田(下腹部)一杯に吸い込み、
骨盤内部に球体を作り、その球体をイメージで実感し、
口から呼気で外部へと吐いてしまいます。

その際、細く吸い長く吐くのと同時に、
吸う音吐く音を意識してみます。

鼻からスーという吸う音、
口からハーという吐く音を意識すると、
自然な形で下腹に腹圧が加わりますので
「肚を練る」「不動心を作る」という鍛錬も同時にできる訳です。

最初は呼吸の仕方や意識の置き方など、
覚えることも少々ありますが、
一旦覚えてしまえば、反復していくだけになります。

何事もすべては反復だと云われますが、
今日は「縦軸の呼吸」明日は「前後軸の呼吸」
その次の日は「水平軸の呼吸」など基本の三軸に
分けて行うこともできます。

その他にも「集中の呼吸」「拡大の呼吸」など、
いくつかの呼吸がありますが、
先ずは基本の呼吸である「三軸の呼吸」を覚えます。


如何でしょうか?
人体(健康)への呼吸の重要性、
呼吸の仕方次第で集中力などのメンタル(内面)が強化され、
その強化された内面に描く映像が鮮明になって、
それが精密で正確な身体動作につながって行くという訳です。

もう「呼吸と意識」が
繋がって行くことの意味の重要性はお解りだと思います。

昔から「心技体」と云われる意味も、
この互いの繋がりを強くすることにも意味があるのではないでしょうか。

あなたが取り組んでいる分野はもちろん
「呼吸と意識」「意識と身体」をバラバラに使うのではなく
融合させることで生活にも人生全般でもあなたに変化をもたらすのです。

次からは、
あなたが自分の呼吸をほんの少し変えた後、
どんな世界が待っているのか、どんな力を得ているのか、
どういう人生を生きているのか、これらをちょっと覗いてみることにしましょう。


 


 
トップアスリートが不調に陥った時
 
するのがこれです!


 

あなたは精神的な弱さのためスポーツが上達しないなど、
なにか取り組んでいる分野でお悩みではないでしょうか。

何をやっても解決できない、上達しない、
その悩みはとても辛くて悔しいですよね。

この「呼吸と意識」に焦点を合わせたトレーニング法は
あなたのそんな悔しい悩みを解決できると思います。

そのためには、
あなたが今まで学んできたトレーニング法は
一旦そこに置いて今は忘れて下さい。

例えば、筋肉は裏切らないとか、筋力はすべてを制覇する等、
肉体主体の論理はしばらく横に置いておきましょう。

それらがすべて間違いではないのですが、
でも、今は一旦そんな理論は封印して下さい。

この教材で解説している「呼吸と意識」「意識と動作」は、
あなたに合った呼吸と意識の鍛え方やトレーニング法、
その考え方に合った方法が、あなたにとって一番の近道になるはずです。




正直言って、
あなたがここまで読み進めて来られたということは、
相当強い願望やトレーニング法などに関心を持たれているのか、
または、取り組まれている分野で何かを目指されているのかも知れません。

開発者として、
そんな意識の高いあなたに紹介できたことに喜びを感じます。

これを読み終わって、
もし商品を選んで頂き行動して頂くなら、
きっとあなたの選択は間違っていなかったと断言できますし、
きっとあなたもそう思って頂けるでしょう。

想像して見て下さい。
もし、あなたがこの呼吸の使い方を取得できたなら、
あなたは先ず最初に何がしたいですか?
何を叶えたいと思っていますか?

・集中力などの内面を強化して自分を変えたいのでしょうか。
・取り組んでいる分野のスポーツで頂点を極めたいのでしょうか。
・呼吸で基礎代謝を高めモデルのようなプロポーションになることでしょうか。

それとも、
・想像力や発想力を鍛えてインスピレーションを高めたいのでしょうか。
・集中力や記憶力を強化し高難度の資格試験にチャレンジしたいのでしょうか。
・心肺機能をはじめ免疫力をアップさせ病気知らずの身体を手に入れたいのでしょうか



 
あなたも15分の呼吸で
 
心肺機能を高め「長〜い息」長生きしませんか?

何れにしても、
正しい呼吸は正しい方向へと、人の心も人の身体も導いてくれます。

例え、あなたが目指す頂点に達することがなかったとしても、
「呼吸は裏切りません」身も心も接する人々にも、
あなたが変化し成長した姿がはっきりと写しだされるでしょう。

あなたは自分を律し、
自分をコントロールし、相手に寄り添える人になります。

なぜそう言えるのかといいますと、
以前から私が教えていたセミナーの生徒さんは、
一応に皆さんそれぞれの彩をより輝かせる人になって行ったのです。

みんなが一様に同じ方向に成長するのではなく、
呼吸は、その方の思いや個性をより強く輝かせてくれます。

人はそれぞれに違った魅力を持っているはずです。
ですから、あの人もこの人も同じようになるはずがありません。

呼吸は深まれば深まるほど、
その人の真の思いや叶えたいものをピュアな形で出現させます。




 
呼吸はあなたのなりたいものへと・・!

この教材を学んで、
あなたが手に入れられるものは、あなたの真の夢、
あなたの本当に叶えたいものです。

********************************
あなたが取り組んでいるスポーツで頂点に立ちたい。
もし、そんな夢を真剣に思っているなら、
この「呼吸の使い方」が一歩も二歩もその夢に近付かせるでしょう。

あなたが病気知らずの健康体になりたいのであれば、
この「呼吸の使い方」は酸素を全身の細胞までくまなく届けてくれるでしょう。

あなたが太りにくい身体を目指してダイエットしているなら、
この「呼吸の使い方」は基礎代謝を高めリバウンドしない体質を作ってくれるでしょう。

あなたが何事にも動じぬ肚の据わった人になりたいのなら、
この「呼吸の使い方」は極限まで集中力を高めて、
「肚の据わった自信」をあなたのメンタルに刻み込んでくれるでしょう。

********************************

「呼吸と意識」のトレーニングは、
あなたに忠実に働きかけて、その思いを叶えます。

さあ、あなたは何を目指しますか?
「呼吸は裏切りません」呼吸は一時も止まりません。

呼吸は命に直結しています。
「呼吸を制したあなた」があなたの命、あなたの人生を制するのです。

これまでの人生、
呼吸に気付かず呼吸を何となく続けてきたあなた。

でも、今日からは呼吸で意識を蘇らせて息を吹き込み、
呼吸で強くなった意識で身体の動きを鮮明にスキャンしていくのです。

そして、
あなたの命とあなたの人生に新たな息を吹き込み、
あなたの未来をあなたの願っている未来に変えていくのです。

呼吸はあなたの命の源です。
その命の呼吸は決してあなたを裏切りません。


 
今すぐあなたのその呼吸を止めて
 
今こそ新たな呼吸に変えるべき理由がこれです!

私は武術の表面的な華麗な技や力強い動きしか見えてなかった頃、
つまり表面しか見えず、その奥にある技の中心にある起動力の存在を知らず、
無知がゆえにも武術やスポーツについて様々と語っていました。

恐らく一般の皆さんと何の変りもなく、
見た目の美しさや力強さなど、
その中心に存在する「呼吸や意識」など知る術もありませんでした。

まるで魔法のような技を繰り出し、
打ち合わせでもしたかのように、ウソのように相手を投げ飛ばす年老いた武術家。

実戦武道に拘っていたそのころの私は、
それを見た瞬間「打ち合わせ」だと一笑に付していました。

それから何年か過ぎたある日、
なんと、その一笑に付していたウソのような技を使う武術家と遭遇したのです。

そしてその後、直に技を掛けられ交流を続けている中で、
私が気付いた大きな点は、その技の発動する場所といいますか、
手足などの身体の動きの原点、つまり(起動軸)になるのは別の場所だった。

華麗に動く手足や身体は身体が動かしているのではない、
それまで考えも及ばなかった、あるものを起動させることで、
目に映るこの表面の華麗な動きを創り上げていたのです。

それを機に目に見えない内部、
「呼吸と意識」の存在が最重要であることに気付き、
呼吸で意識を鍛え、その鍛えて強くなった意識で身体を導く。


 
呼吸で解決できる悩みも少なくない!

このような研究に没頭するようになりました。
これは一生掛かっても答えが見えない探し物になるかも知れない。

そんなことも思いながら数十年が過ぎ、
確かにこれは武術の研究から得た答えではあるけれど。

この「呼吸と意識」の関係、メンタルと呼吸の関係を考えた時、
これは武術だけのものではない。

単純に人の健康面や集中力などのメンタル面、
もしくは取り組まれているスポーツにおいて、
練習法や上達状況について悩み苦しまれている方も多いはず。

だったら、あなたを含むそういう方たちに向けて発信、
紹介した方がさらに多くの人に健康や自己啓発の面でも、
またスポーツなどで頑張っている人たちにも届くのではないか。

私はそういった方たちのお役に立ちたい、
何かで悩み出口の見えないトンネルの一点の光になればと
そんな思いで「体幹操作法」という呼吸と意識の繋ぎ方
関する教材を作りました。




 
呼吸を知らなかった多くの人が、
 
呼吸の持つ奇跡に目覚めてしまった!


 
多くの方から激励および感謝のコメントを頂きました。
その中から掲載の了解を頂いた方々の一部を下記にご紹介させて頂きます。
福岡市東区 吉田沙奈枝様
私は第二子を出産してから、一年近く体調不良に悩んでいました。時には腰痛だったり、だるさだったり、 肩こりや頭痛も頻繁に起こっていました。身体の張りや凝りを改善しようと先生の整体を初めて受けに来ました。 全身の筋肉をほぐし骨盤を中心に調整をして頂いたお陰で、その時はすごく楽になり血流が良くなったと 感じたのを覚えています。その教わった呼吸法をほぼ毎日欠かさず行っているうちに、今では腰痛も肩こりも 感じなくなり、元気に過ごせる毎日が嬉しくてたまりません。先生ありがとうございます。

福岡県粕屋郡 井上孝史様
一年半ほど前に格闘技の道場を辞め、ずっと何もせず飲んだり食ったりと普通に生活をしていました。 何か身体を動かさなきゃやばいな、思った頃は格闘技をやってた頃より10s近く増えていました。 そのころ、腰痛も出てきて飛鳥塾整体院に初めて行ったのが既に15s近くオーバーしてました。 その後、先生に体幹の使い方を習いながら、習った呼吸法を半年ほど自宅で実践しましたら、 身体の動きが軽く感じ、呼吸も楽になり全体的に爽快感を感じました。体重もピーク時より6s減っていたことも あって、何より身体が軽く感じることが嬉しくなりましたことへ感謝です。

東京都中野区 中村達弥様
自分はそれまで、解らぬ答えを求めてさまよってまいりましたが、この【体幹操作法】に出逢えて、 やっと自分がすべき事、進むべき路が解りました。 それはまさに、自分の身体の中に新しいチカラが生まれる、人生におけるとても大きな財産になりました。 中山さんのおかげで、本物の武の世界に足を踏み入れる事が出来たと思っています。

福岡市西区 今田隆司様
最初は腰痛が酷くて整体治療を受けたのが最初でした。何度かの治療で腰痛は改善したのですが、 私の体形を見て先生が一言「今のまんまじゃまた再発するよ!」・・当時90sを超えていた私の体重、 何とかしなきゃとは思いつつ、食事制限やジョギングなどにも挑戦するも長続きしない。 その次に来院した時から「呼吸法とイメージ法」を教えて頂き、これなら続けられそうと感じました。 現在173cmで68sを維持していますが、欲を言えばあと3sほど減らすのが目標です。 呼吸法であと3s減量頑張ります。

福岡県直方市 ニックネーム:空気投げ様
加齢による身体能力の低下に対する答えを求めて様々な本やセミナーで身体操作に関する事を調べ、実践していましたが、身体の変化の実感が湧かず、身体操作ジプシーとなっていた時に体幹操作法と出会いました。  本やセミナーで抽象化されていた部分を具体的に指導されており、初歩の体幹操作法でも目から鱗が落ちる思いでした。(当然、体得するのに多少時間がかかりましたが) まだまだ未熟ですが、自分の身体は変えられる、そう実感できました。

福岡県大野城市 牛島宏様
先ずは本教材の完成にお祝い申し上げますと同時に修行者として感謝申し上げます。 本教材の内容は武道武術、各種身体運動(競技スポーツ等)でのOS的な役割を果たす事になるのではないでしょうか。 さらに、雲を掴む様な所謂「秘伝」の習得を論理的かつ詳細に解説された本教材の存在はまさに修行者のメルクマルと なるでしょう。

福岡県久留米市 野村浩司様
この教材により武術修行者が何となくぼんやりと思い描いていた、身体内部の使い方が明確になってきます。 今までスポーツや現代武道しか経験のない方にとっては、全く聞いたことのない身体の使い方を根本から変える情報が 詰まっています。 ただ、その動きが普段の動きになるまで取り組む必要があります。取り組み手の熱意が問われます。

鹿児島県鹿児島市 松園健司様
中山先生との出会いは、当時引地先生が指導されていたセミナーでのことでした。 それから空手を通して身体の使い方などを一緒に練習させていただきました。 あの頃、こうでもないああでもないと言いながら私たちを相手に研究されていたものが、 今、この体幹操作法として完成されたと思うと感無量です。 自分も体幹操作法の研究に僅かながらでも携わった者の一人として誇りに思います。

愛知県名古屋市 今泉信也様(仮称)
軽い気持ちで名古屋から参加しました。当日最初のセミナーだけで驚きの連続で、 このまま名古屋に帰ってしまっていいのかと迷いながらも、急遽ホテルを予約して、 先生に無理を言って翌日も指導を受けさせていただきました。 名古屋に帰っても、教わったことを思い出しながら一人で練習していますが、 本当にこれでいいのか等と不安になることも多々あります。 そんな折、この度教材を出版されると聞いて非常に楽しみです。 僕たちみたいに遠く離れている者にとっては、迷わず正しい道を導いてくれる羅針盤になると喜んでいます。 再びネット道場で修行させていただきます。よろしくお願いします。


※上記は一部のお客様の声であり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
※他にも多くの方のコメントを頂いています。ありがとうございました。


 
教材でも出てきますが
 
その答えにあなたは驚愕するでしょうか!

ここまで読み進められたあなたは、
もう呼吸に関するロジックは、
すでにご理解頂けたと思います。

ただ「理屈は何とか理解できたが・・」
果たして実際に自分にできるのだろうか、
というご心配もあろうかと思います。

大丈夫です。
そのように不安に思うのは決してあなただけではありません。

考えてみて下さい。
子供のころの発表会の前日、高校、大学の入学試験の前日、
失敗しないだろうか、不合格にならないだろうか、
様々な心配が頭をめぐって中々眠れなかったのではないでしょうか。

でもあなたは今、
何とかそれらをすべて通り越えて今ここで頑張っています。


 
あなたの呼吸にギアを入れろ!

明日のこと、未知のこと、一寸先のことは、
すべての人が心配になり不安になるのが当然なんです。

これから先の心配をゼロにはできませんが、
少しづつあなたの心配が和らいで行けるように
一つ一つ解説していきますね。

呼吸については冒頭でも説明しましたが、
昔から人間にとっての呼吸は最も重要視されてきました。

医学的、科学的な根拠もほぼ解っていなかった時代、
その頃の評価は感覚による体験値によっていた訳です。

感覚による体験値こそ真実だと私は思っていますが、
それを他人に伝える場合、的確に理解して貰うためには、
どうしてもロジック(論理)が必要です。

つまり、起こっている現象を、
理論で説明できなければならない訳で、
説明できないものはすべて非科学的になってしまう訳です。

まず呼吸は誰もが重要だと感じていますが、
なぜ重要なのか、なぜ必要なのかについては、
恐らく「人が生きて行くため」だということ以外あなたも知らないでしょう。

ですから只生きて行くには「死なない程度」
の低いレベルの呼吸への理解で充分なわけです。

しかし、
いかに生きるか、
いかに健康に生きるか、
いかに人生を楽しんで生きるか

ということになると
呼吸についての考え方も大きく変わってくるのではないか。




 
呼吸はあなたの人生の質を高める!

例えば、食糧難の時代には
「餓死しないように」
「栄養失調にならないように」

そのために食事をするという価値観でしかありませんでした。

でも飽食の現代では、
「いかにおいしいもの」「いかに新鮮な食材」
このように食に対することでも豊かさが価値観になっています。

呼吸もそうですね。
ただ生きて行くための呼吸であるなら、
呼吸のスキルやロジックも必要なく、ただ吸って吐けば事足ります。

しかし
ただ「生きるための呼吸」から
「健康のための呼吸」
「自己を知るための呼吸」

そしてこれからは
「身体と繋がるための呼吸」と価値観も進化します。

呼吸を変えること、
呼吸を何かとジョイントすること、
先ほどから話していますように、
呼吸の本質は命を繋ぐこと、生きることだと思います。

しかし命をただ繋ぐ呼吸から、
何か他のものと繋ぐ呼吸に価値観が進化すると、
人生はもっと幅広く、
もっと豊かで可能性が膨らみます。

・あなたの取り組む分野と呼吸を繋ぐ、
・あなたの健康的な人生と呼吸を繋ぐ、
・あなたの未来と呼吸を繋ぐ。

という豊かな人生に繋がっていくのです。

もしあなたに健康不安があるなら、
もしあなたが将来の何かに不安を持っているなら、
もしあなたが人生そのものに不安があるなら、
呼吸を変えてみて下さい

その不安に呼吸を吹き込んでみて下さい。

行動心理学では、
今決断ができない人はずっと決断することはない。

つまり、
向上心に燃え、やる気満々になっても、
行動を先延ばしにしてチャンスを逃しているのに気付かず
「次にやろう」「〇〇したらやろう」
と決断を先延ばしにする人の98%は二度とそれをやろうとしない。

この行動心理学は、真に人の急所を突いていると思います。
人生で華々しく何かで成功を飾っている人、
その陰でさぼっている訳ではないのに、
一生懸命に頑張っているにも拘わらず、
成功も達成へもいつまでもたどり着けない人もいます。


私はこの大きな格差の原因の一つが、
素早くなにを決断したかに掛かっているような気がします。

もしあなたがこの「決断」をできない人なら、
ここで身体の内部に向かって大きく息を吹き込んでみて下さい。

決断力がない、気が弱い、常に迷ってばかりいるなど、
もしあなたにこれらに当てはまるものがあるなら、
意志の力だけではなく長く深い呼吸とジョイントしてみて下さい。

「意志の力」に呼吸をプラスして
事に当たってみて下さい。
何かの答えが見いだせるかも知れません。

健康のために運動をしている方や
野球やテニスなど諸々のスポーツに取り組んでいる方、
または集中力などのメンタル強化を願っている方、
呼吸を取り入れてみて下さい。呼吸は決して裏切りません。


 





 
 
今回、購入者全員に「無料メールサポート」
 
先着100名様に「特典1と2」をお付けしました。


特典1
「呼吸とダイエットレポート」

今回、購入して頂いた方で、
基礎代謝を上げるダイエットにご興味のある方。

「特典」として「呼吸とダイエットの基本」
に関する医学的根拠に基づいたレポートを
特典1として差し上げます。



特典2
「講座・セミナー厳選動画まとめ10」

また「特典2」として
「講座・セミナー実践教室動画まとめ10」
の動画集を撮り溜めた400を超える実践動画の中から、
限定公開動画を含んだ選りすぐりの動画をプレゼント。

この体幹操作法の教材で得られる
「呼吸の使い方」「呼吸と意識」「呼吸と動作」
の大きな3つに沿った教材になっています。

あなたがさらに深く突き詰めれば動画のような
驚愕の技を使いこなすことも可能になります。
ぜひ挑戦して見て下さい。


...........................

「※特典1と2」「請求方法」
購入後【注文ID】をメールでお送り下さい。(購入後に【注文ID】7桁の数字があります。)
その後「特典1と2のレポート」のURLをメールにて発送します。

...........................

特典3
「一年間無料メールサポート」

また、購入者様全員の特典としまして、
「一年間無料メールサポート」をお付けします。

・あなたが習慣化できるまで何度でもメールでご質問下さい。
・メールでお問い合わせ頂くと、折り返しご回答いたします。
・メールでのご質問や相談は回数制限無し一年間無料です。

※ご希望あれば期間経過後も
あなたの必要に応じて(有料)サポートを継続します。




 
肉体勝負で勝ち目がないなら呼吸を使え!

数量が出回ることで、
サポートが追いつかなくなる可能性もあるため、
それ以降の販売個数を限定させて頂く場合もあります。

しかし多くの皆様に手に取って頂き、
1「呼吸の使い方」
2「呼吸と意識の繋ぎ方」
3「呼吸と意識と動きの繋ぎ方」
この3つを基本として、あなたの分野で効果と成功を実感して下さい。

「ダイエットも、自己改革も、スポーツ上達も」
呼吸とうまく連動させることで、思いもしなかった
結果を目の当たりにするのも間近かも知れません。


気が小さくて内気な自分を克服するのは今しかない!

「呼吸と意識」を繋ぐ方法を身に付けると
集中力や想像力、記憶力などのメンタル面が向上します。

さらに強化したメンタル力で、
精密に身体の動きを導いていきますので
あらゆるスポーツや武道の動きもより正確になるでしょう。

つまり「呼吸と意識と身体動作」
精密且つ確実に導いていくスキルを取得できるということです。

先ほども決断の話をしましたが、
今、この機会に自分を変えるという決断を
下すことができるのはあなた以外にいません。

「内気で意志が弱い、気が小さい」
これからもこのままずっと先送りしますか?

この機会にあなたのトレーニング法に
「呼吸をプラス」して見ませんか。

想像以上の効果が確認できることを確信します。
今あなた自身が変わるためには、
呼吸を学んで変える以外ないのかも知れません。


ストレス過剰の現代社会では、
自律神経の乱れで血糖値や血圧があがり、
生活習慣病を引き起こし、もはや国民病だとも云われる所以です。

また自律神経の「交感神経優位の状態」が続くと
心は休まらず、イライラや怒りっぽい精神状態が続きます。

最悪、
うつ病などの精神的疾患が発症している人も少なくなく、
この総国民成人病時代は病院や医師だけでは解決しません。

「自分で自分の身は守る」
一人一人がこの気持ちを持つことを決断したなら、
世の中の病気という病気は激減するに違いありません。

「自分で自分の身は守る」
そうです。。呼吸です。
一人一人が呼吸の使い方を身に付けたときに変化するのです。

また、
身体能力は天性のものかも知れません。
しかし呼吸の使い方を身に付けることで、
意識(メンタル)を強く鍛えることができます。

もし、
あなたが何かのスポーツで頂点を目指しているなら、
または一流を目指しているなら、
肉体的、テクニック的な練習だけでは難しい

それは、
あなたが一番よく知っていますよね。
肉体的、テクニック的に
あなたに勝っている人間は世の中に五万といることを。

そんな中で、
あなたは「肉体やテクニック」だけを
武器にして戦っていこうとしている訳です。
しかも装甲車や戦車を武器にして向かってくる相手に対してです。


 
対戦車や対装甲車ではなく
 
呼吸でずらして同じ土俵では闘うな!

ちょっとだけ発想を変えてみて下さい

体力勝負と云われるスポーツの世界でも、
頂点に立っている選手は「肉体やテクニック」
意外の部分でも並外れた能力を持っていることを知っていますか。

それが集中力だったり、
イメージする能力(想像力)だったり、
「肉体やテクニック」以外のメンタル部分なのです。

相手の土俵で戦っては勝ち目はありません。
少しずらして戦ってみませんか。
肉体やテクニックで戦うのではなく
例えば「呼吸の使い方」とか。


そのメンタルはどうしたら強くなるのか?
「メンタルよ強くなれ!」
と、いくら叫んでも唱えても無理は無理ですよね。(笑)

もうお分かりですよね。
メンタルは呼吸によって鍛えられるのです。
いや、意図した鍛錬法は私の知る限り「呼吸以外ない」と断言します。

すでに一流やその道の覇者たちは、
誰かに教えられたのか、自然に身に付いたのかは
定かではありませんが、これらを身に付けています。
そう「呼吸の使い方、呼吸と意識、呼吸と身体動作」です。

今はまだ解りにくいいと思いますが
この教材は「第1章〜第5章」から成り立っています。

そのすべての章が
「体幹内部の主要部位」
「体幹内部の動かし方」
「体軸に関する解説」
「呼吸と体軸の繋がり」
「呼吸と球体の作り方」
など、

健康に関する呼吸、
メンタルに関する呼吸、
スポーツに関する呼吸、
を解りやすく解説した今までにはなかった指南書です。

この教材の内容は、
私が自信を持ってまとめ上げた自信作です。

「基礎代謝ダイエット」「メンタル強化法」
そして「スポーツ上達法」の3つが習得可能な指導書なので、
あなたの目的に合わせて取り組んでみて下さい。

この教材を手にするもしないも、あなたの自由ですが・・

ここまで読み進めて頂いたあなたなら、
もうすでに、この「呼吸の使い方」の必要性は
十分にご理解頂いたと思います。

もう、あなたの答えは既に出ているかも知れませんね。




 
未曽有の試練でさえ呼吸の力で越えて行け!

2020年は世界中が未曽有の試練に遭遇しました。
というか、
まだその真っ只中でこのレターを書いています。

現状を変えたいと思っても、
余りにも大きな試練が立ち塞がっているゆえに、
あなたに取っても、個人の力だけでは、
どうすることもできない試練だと思います。

しかし、
この時代を経験したからこそ知り得たことも
解ったこともたくさんあるのかも知れません。

コロナに掛からないための行動、
コロナという感染症を含めた生き方、
そして考え方が一変する事態を体験している訳です。


また、世の中いつどうなるか解らない、
ということを肌で感じ、何が起こっても不思議ではない
ということを知らされた一年ではなかったかと思います。

もしかして、あなたも「こうしておけば良かった」
と少し後悔することもあったかも知れません。

私たちは今後も何が起こるか解らないということを知りました。
そう思うと心配も尽きませんが、
予測できない事態に備えることも学習しました。

例えば、このコロナ禍で体験し学習した、
「密を避ける」ということも、
自宅で密を避け、何かに磨きをかけるなど。

この「呼吸の使い方」のスキルも、
どこにも行かず人と接することもなく、
自宅で自由な時間に習得可能なスキル、
しかも、あなたの未来を大きく変えるかも知れないスキルです。

何度も解説してきましたが、
呼吸を制する者が、自分の健康を制し、
自分の老化も脳の衰えも、そして人生そのものも
変えてしまう可能性に満ちているスキルだと確信しています。


 
逆風に向かう飛行機のように
 
今こそチカラを蓄え新しい空へと飛び立つとき!

このようなコロナ禍での貴重な体験を得て、
後ろ向きな考えばかりではなく、
今まであなたが考え付かなかったことにも
気付くことが多かったのではないでしょうか。

あなたが自分のやるべき姿を明確な形で、
このコロナが教えてくれたのではないでしょうか。

おこがましくも、この「呼吸の使い方」
そんな中ひょっとしたら
何かの縁によってあなたと私を繋いでくれたのかも知れません。


 
大地震でさえも人々に安らぎを与える!

人々に恐怖をもたらす大きな地震のあとに、
自然発生的に温泉が湧きだし、
そして自然の恵みが人々に永遠の健康や安らぎを与えてくれるのです。

地震から湧き出た温泉と同じように
呼吸の使い方は一度身に付けるとなくなることはありません。

仮に今取り組んでいる分野が終了しても、
また呼吸を使って新しい目標に息を吹き込むことができます。

あなたは生涯にわたって、呼吸の使い方で健康やスポーツに
人生全般で恩恵を受けられるスキルを身に付けることになる訳です。

この「呼吸の使い方」の教材も同じですね。
私との直接の接点はなくても、
多くの価値を感じる方が、この教材によって恩恵を受けられるならば、
この「呼吸の使い方」を世に出す意義もあるのではないか。

大事なので、くどいくらいに言いますが、
呼吸の何たるか。呼吸と意識を繋ぐとは。
呼吸がスポーツを上達させる・・とは。

それは、あなたが呼吸によって夢を叶えるための原理原則です。

あなたに一点の希望の灯りが灯せるならと・・
そう願いつつ、この教材を作りました。
もし取り組んでいるものがあるなら、
それに息を吹き込んで蘇らせてみて下さい。


呼吸は決してあなたを裏切りません!


ご購入はこちら↓
※呼吸の奥義を使って、 最大限の能力を発揮する方法を、
今回あなたに12,800円でご提供します。





 

ご購入者特典として、メールでのご質問や相談は回数制限無し、
一年間無料で行います。
まずはメールでお気軽にお問い合わせください。

 

その他、ご購入前にご質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
ご購入に関して、
ご納得頂くまで私中山本人がご質問に一年間無料でお答えします。
( akirasan★asukajuku.jp ※★
を半角@に変えて送信してください。)

※「当商品は全ての方に効果があることを
保証するものではありません。効果には個人差があります。」

 

特定商取引法に基づく表記
Copyright © 2020 体幹操作法 All rights reserved.

・中山明三
https://asukajuku.jp/
・akirasan★asukajuku.jp
※★を半角@に変えて送信してください。

Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.