メンタルを鍛える理由(呼吸の使い方)|体幹操作法 Official WebSite

 
HOME ダイエットの呼吸 メンタルの呼吸 スポーツの呼吸 セミナー動画/無料
よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
HOME >メンタルを鍛える理由(呼吸の使い方)


 
呼吸だけで
 
メンタルを鍛える理由とは?




 


あなたは自分のメンタルがどうしてこんなに弱いんだ!
どうしてもっと強く集中できないのだ!と悩み苦しんだことはありませんか?

あなたは精神的に強くなりたくて様々な本を読み漁って、
必死にメンタルを強化しようと頑張ったかもしれません。

でも、もう大丈夫です
そのあなたのメンタルを鍛える方法をここでお伝えします。

「メンタルを鍛える理由」について
形があって目に見える身体(肉体)は、
一生懸命ジム通いをして筋トレして
鍛えている方が多いようですが。

しかし、形がなく目に見えない内面に 関してはどうでしょうか?

特に何かをやってメンタルを
トレーニングしている方ってどれ程いらっしゃるでしょうか。

でも、これは仕方のない部分でもある訳で、
人間の特性で見えないとやらない訳です。

つまり、形のあるものや目に見えるものを優先する、
逆に目に見えないものはやりようもなく面倒臭い訳です。

しかしよく考えてみれば、
万人が嫌がる目に見えないところに真実がある訳で、
本物の宝が隠されているのかも知れません。

冒頭から少しばかり話が脱線しましたが、
これから「メンタルを鍛える理由」
入って行こうと思います。

恐らく肉体だけではなく
メンタルが強くなりたいと
願っている方も少なくないと思います。

でも、性格は生まれ付きだから仕方がない。
親も家族も気が小さく大したことないので
自分も弱いのは仕方がない。

中には「健全な精神は健全な肉体に宿る」の言葉通り、
形ある肉体を鍛えて行けば、
自ずと精神も強くなるはず・・
あなたは肉体を鍛えて精神も共に強くなりましたか?

そう自分で信じたくて、
肉体を鍛えることに没頭している方も、
多くいらっしゃるかも知れませんね。
実際に若い頃の私がそうでしたから。笑

体力のある若い内は、
それでも多少はメンタル力も
体力強化によって向上するかも知れません。

しかし肉体が衰えると同時に、
メンタルも同じように衰えてしまうかも知れません。

身体には身体の理があり、
メンタルにはメンタルの理がある

なので、先ずはフィジカルはフィジカル、
メンタルはメンタルをそれぞれ鍛えて
それらを徐々にリンクさせていく方法もあります。




ここで言うメンタル力と云うのは
「年寄りのカラ元気」とはちがいますし、
内部から湧き上がって来る中心のチカラです。

シーンと静かに集中するチカラ、
深い集中からいずる判断力と決断力、
そして、その集中から湧き上がる想像力。

それは現実かイメージかの境目のない世界へと
呼吸が導いてくれるはずです。

このメンタルのチカラは呼吸で鍛えることができます。
いや、呼吸の使い方からしか得られないチカラです。

では呼吸の使い方の訓練方法としての 簡単にご説明したいと思います。

呼吸は丹田呼吸を用います。
丹田呼吸を行いながら
呼気で丹田を縮小させていくイメージで、
実際に丹田を絞り込んでいくイメージで吐きます。

次に丹田一杯に吸気を行います。
実際は呼吸は肺で行なっているのですが、
丹田呼吸では丹田に吸い込むイメージで行ないます。

呼気吸気ともに、
丹田が物理的に一杯になる感覚や
丹田が小さく小さく絞られて更に小さくなっていく
イメージと一緒に実際に丹田を絞っていく感覚です。

このイメージ法は集中拡大と言われる方法ですが、
イメージの仕方としては、
いくつもある中の一つにすぎません。

これを繰り返すことによって、
集中力、想像力は基より自己コントロール力や判断力。

決断力など生きて行く上で重要な
目に見えない内部を強化することが可能になります。

しばらく続けて行くと、
自身でも内面の変化に気付いて行きます。
自分の中で何かが変わっていることを感じられれば大丈夫です。




メンタルの呼吸 TOP



【体幹操作シリーズ】(呼吸の使い方)
呼吸の使い方を覚えて門外不出の「秘伝の呼吸」を習得できる教材を紹介します!

自己形成メソッド 体幹操作(呼吸の使い方)
 
★ 呼吸の仕方を変えて
人生を180度好転させる方法!


呼吸と体軸で自己改革(呼吸の使い方)
 
★ 3つの呼吸の効果・・
あなたはどれを目指したいですか?


メンタルの呼吸
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/