・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
護身術と集中力の強化法|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
無料格安 e-百貨店 ダイエット LP(特典) メンタル LP(特典) 体幹操作法 LP(特典)
 
 HOME護身術体幹操作の呼吸護身術を鍛える天地呼吸
 

  護身術と集中力の強化法|体幹操作法 Official WebSite


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動きや身体機能にどの程度の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

護身術と集中力の強化法(呼吸法体幹操作法 」 について、今回は瞑想呼吸法の基本中軸に位置する「天地呼吸法」を ご紹介します。「天地呼吸法」は、地球の中心から天空に向かって立ち上がっている身体を縦に貫くラインを 意識しながら行う呼吸法です。

私たちは「自分を変えたい!変わりたい!」という願望を強く持って、様々な勉強をしたり、スキルを身に付けたりと 努力を重ねて自分を変えようと頑張っている人が多いと思います。

もちろん、スキルやテクニックを身に付けるのは重要ですが、そのスキルやテクニックを使ったり発信したり、 そうするための本体である「マインドソフトがどの位置にあるか」で、その身に付けたスキルは変わってきます。

もし、本体であるソフトが悪意に満ちたものであれば、その上に身に付いたスキルやテクニックは悪事に用いられることが 多いでしょうし、もしかすると犯罪に使用されるかも知れません。

当然、この「マインドソフトとは私たち人間の意識や資質」のことで、考え方や捉え方などのマインドセットなのですが、 ここを変えていくのが「マインドフルネス」や「瞑想呼吸法」などの、自分自身を見つめ直して内観することなのです。

一般的に言われる、勉強や学習を習得して私たちが成長できるスキルは沢山あります。 あなたも「自分を変えたい!向上させたい!」という思いで、これまで色いろなスキルにチャレンジされて来たことと思います。 しかし、自分が本心から変えたいという内面的なものは変わったでしょうか。

私もそうでしたが「自分が変わりたい」という一心で、今まで様々なスキルに挑戦し多くのことを学んできました。 しかし、自分が本当に変えたいと芯から思うものは、そのどこからも変えることは出来ませんでした。

知識やテクニックだけが身に付いても、それらをコントロールしている自分という本体がそのままだと 「今のままの自分に表面的な技術」がくっついただけで、鎧の中身は何にも変わっていないことに気付いたのです。

でも「根本的な自分を変えるために何をすればいいのか」まだ、この時点では何も解りませんでした。 そして日々を悶々としながら、ただ「時間だけが流れて行く毎日を繰り返す事】しか当時は出来ませんでした。

私は長年武道武術を修行していますが、この武道の教えの中に「武術呼吸(武息)」という自分を集中させたり、 雑念を払って「恐怖心を打ち消して行くための修行法」を見付けたのです。



 

  「呼吸 意識 動作」を一致させ三位一体で動いていく鍛錬法。


そしてその中に、空手の鍛錬型として「サンチン」や「テンショウ」という呼吸を伴う稽古法があります。 これは「呼吸、意識、動作」を一致させながら三位一体で動いていく鍛錬法です。

ある時、この型の稽古中に、ふと自分の「意識と呼吸と動き」が透明になって行くような感じになり、 すべてが一つになって益々透き通って行って「呼吸か意識か動作か」の区別が付かなくなって行く感覚を覚えました。

自分は何者なのか!「呼吸か?意識か?動作なのか?」普通に表現すれば「心地よい空間に浮かんでいる」ようで、 しかも「外部のことの何もかもが明確に見えている」という感覚でした。

私は、このような体験を何度かするうちに、これは「呼吸と意識の集中」によって、脳に何か特別な変化が現れてている のかも知れない、ということを感じたのです。

それから、この呼吸法や意識の使い方について学び研究し体験を積んできました。 そして私が着眼したことに「間違いがなかったことを確認」したのが「瞑想呼吸法」の訓練の結果によって確信したのです。

最後になりましたが、ここで瞑想呼吸法の「天地呼吸法」のやり方をお伝えします。 瞑想呼吸法の「天地呼吸法」は意識を伴いますので「意識と呼吸を一致」させて行うことに集中します。

1、姿勢は正座、できない人は椅子に座っても立ったまま。
2、地球の中心から臍下丹田(下腹部)に息を鼻で吸い込む(約5秒)
3、臍下丹田に(約2秒)息を止める。
4、臍下丹田から天空まで息を口から吐く。(約10秒)
5、吐ききったら、次は天空から臍下丹田へ息を吸い込む。(約5秒)
6、臍下丹田に(約2秒)息を止める。
7、臍下丹田から地球の中心まで息を口から吐く。(約10秒)

この2〜7までを繰り返し行うのが「天地呼吸法」ですが、これは「呼吸と意識の一致」が難しいと感じる人も少なくないと 思いますので、最初は「数息呼吸法で呼吸の基本」を身に付けて頂ければと思います。

この「天地呼吸法は瞑想呼吸法の基本」ではありますが、基本の中でも中軸の位置付けになります。 また、この「天地呼吸法」は、地球の中心から天空まで、私たちの身体を縦に貫いている一本のラインである「中心軸」や 「正中線」と呼ばれる体軸を鮮明にするための呼吸法でもあります。


実際に世界の特殊部隊や警察などでも使われている本格的なプログラムです。
女性にも無理なく習得できるプロ仕様の護身術を自宅で身に付けたいと思いませんか?

丹田呼吸法 TOP へ
護身術 自宅で強くなるDVD へ



Amazon 電子出版書籍のご案内
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」
体幹操作法とは何か・・
体幹操作法のメリットは?
デメリットは?
等など、
自宅で練習する内容を、先ずは知りたい方に向けた電子書籍です。↓


本格的に学ぶ(体幹と武術呼吸)の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」
「武術呼吸ダイエットメソッド」ってなに?
「武術呼吸メンタル強化メソッド」ってなに?
「武術呼吸スポーツ上達メソッド」ってなに?

 
・どうしたら痩せられるのか。
・どうしたら精神的に強くなるのか。
・どうしたらスポーツや武道が上達するのか。

これらすべてを解決するための具体的なメソッド
体幹操作法の(指南書)です。


 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/