・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作とチカラのベクトル 呼吸力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集5体幹操作とチカラのベクトル 呼吸力のすすめ
 

 チカラのベクトル 呼吸力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは主に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

さて、体幹操作とチカラのベクトル 呼吸力のすすめ」 について、
相手が攻撃をしても、チカラのベクトルを高める修行をした人から、
攻撃を受けられると攻撃した方のチカラが、
吸収されたように力を出せなくなるのは何故か?(力の吸収)

また、頑張って攻撃しようとする気持ちが萎えてしまい、抵抗できなくなるのは何故か?
これには色いろと囁かれていますが、どれも的を得た解説は見当たらず、
ただ興味本位の推測で語っている人が多いですね。

例えば、師弟関係が故に「暗示が掛かっている」
行動心理学の「条件反射」によって倒れている・・云々。
そうですね、実際に「暗示も条件反射」も使いますので、
どれも間違いではありませんが、しかしそれだけではありません。

ただ、暗示を掛けても条件反射を使っても、
これが出来ていなければ困難という「核」になるものがあります。
あのように相手を意図も簡単に倒すのは、この核とも言える
「体幹の操作」に暗示や条件反射を加えて技を使うのです。

どこまで伝わるか解りませんが、
この現象を私なりの理論で解説してみようと思いますが、
重要なのはチカラの発生源が遠くにあるということ、つまり手に作用させる場合なら、
手の筋力ではなく手から離れた部位から力を起動させることです。

この原理をここで説明すると、非常に多くの紙面を要しますので、
この詳しい原理については「体幹操作法」の教材を参照して頂ければ、
そのチカラのベクトルや習得法など全容が理解できると思います。

受け技に例えれば、
普通に受けると攻撃する相手の手や腕をはじいて「攻撃のベクトル(力の吸収)」
を他へ剃らして自分への狙いを外そうとする訳ですが、
ただはじかれても相手の大勢は崩れていませんので、相手の二手目の攻撃を食らう。


 

  体幹操作で心身のバランスを崩して相手の二手目のベクトルを変える。


しかし「体幹操作」から発した受けは、
相手の攻撃のベクトルを変えるだけの防御ではなく、
相手のチカラを吸収し 崩して心身のバランスを不均等にして、
相手の二手目の攻撃ができないように無力化するのです。

これは自分の身体と地球の重力を融合した、
云わば身体と自然の原理を一つにした、身体の使い方だと言えます。
冒頭にも述べましたが、体幹の操作法と相手の心理や外部の重力などの条件を、
一致させることで可能になるのです。

「常に変化するものだけが生き残る」有名な言葉ですが、
バカの一つ覚えのように「チカラだ筋肉だ」と一点張りでは、
いつの日か滅びる運命だということは歴史が証明している通りです。

これも同じ人間同士で競い合うスポーツや武道競技などは、
競争心を養うのには非常に効果的なんですが、反面、他と競い合う比較することでし
か生きる意味を見いだせない人も沢山養成されてしまいます。

先程の「賢い者でもなく、強い者でもなく、
変化できる者のみが生き残る」ことができることは、
生物学的にも長い歴史の中の進化論でも証明されている真実でもありますから、
他と競い合うより「変化できるもの」を求めませんか。

「変化できるるもの」だけが生き残ということは、
言葉ではみんな知ってはいますが、自分の人生に当てはめたとき果たして、
どれだけの人間がそれを意識し実践しているでしょうか。

硬い筋肉の鎧で覆われた身体ではなく、
物知り博士の知識でもなく「女性のような柔らかな動きと発想」の中に、
真綿のような本来の柔かい強さを伝承し、
未来へと生命を繋いで行く「変化できる強さ」が必要なのではないでしょうか。


顕在意識と潜在意識の境界線よりも深い部分に直接届く刺激のことを「サブリミナル効果」



体幹の使い方 5へ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

↑私の商品を紹介してアフィリエイトで稼ぎませんか!


Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/