・呼吸するだけ 基礎代謝ダイエット
 
     ・呼吸するだけ メンタル強化健康法
 
     ・呼吸するだけ 精密身体操作法
 
体幹操作法とパプロフの犬(条件反射)中山明三Official Site 

 
 
トップページ 代謝ダイエット メンタル力強化 運動能力UP スポーツと体幹 全国犯罪発生率
 
体幹操作理念 体幹護身術 プロフィール お問い合わせ よくある質問
 
 TOPスポーツ&体幹操作 記事集体幹操作法とパプロフの犬(条件反射)
 

 体幹操作法とパプロフの犬(条件反射)



こんにちは
体幹操作法」の中山です。

あなたは意識呼吸、心理と云われるメンタル面(内面)が、身体の動きや身体そのものに、
どれだけ影響しているかご存知でしょうか?

その呼吸法も含めたメンタルの力を身体に取り込むだけで、 外部からの敵に対し内部の抵抗力を高め強靭な心肺機能を活性化させると共に、 身体の基礎代謝を上げリバウンドしない太りにくい体質へと変化させて行きます。

呼吸と体幹軸を併せることで身体能力や運動能力の精密度もUPし、スポーツや護身術などにも優れたパフォーマンス を発揮させることができます。

また呼吸や意識などメンタルへのアプローチが全身の機能を高め免疫力を強化させ、 身体の抵抗力をはじめ全身的なポテンシャルを引き出すということをご存知だったでしょうか?

 

さて、体幹操作法とパプロフの犬(条件反射)」について、 パプロフの犬(条件反射)でお馴染みの行動心理学ですが、名前だけでも聞いたことのあるという人は 多いと思います。

パプロフの犬の条件反射は、ある刺激に対し神経系を通してお起こる、生活行動の中での反応のことを 反射と呼んでいます。

(条件反射)とは一定の反復経験によって、後天的に作り上げられた反射をいい、生まれつき先天的な反射「無条件反射」に 対する言葉になりますが、無条件反射は「動物の本能的反射」で先天的な反射です。

なので、(条件反射)とは真逆にあたるもので、人間(動物)に備わっている無条件に反応する先天的な反射現象で、 「脊髄反射、食餌反射」などとも云われています。

例えば
転びそうになると思わず手を出してしまう。
目の前に急に何かが現れると一瞬固まる。
熱いものを触ると自然に手を引っ込める。
目にゴミが入ると涙で洗い流す。
いきなり手を掴まれると外そうとする。

パプロフの犬(条件反射)のように、犬にベルの音を聴かせた後にエサを与えることを、複数回行うことで 犬はベルの音を聴いただけでよだれを垂らして走ってきます。

同じような(条件反射)は、私たちの身近な生活の中にも、またスポーツなどにも頻繁に起こっています。 例えば「苦手意識」または「優越意識」なども(条件反射)と同じです。

何度か対戦して負けが続けば(条件反射)によって、実際にやる前から勝てる気がしないという気分、逆もそうですね 「負ける気がしない」一定の反復経験によって作り上げられた反射が(条件反射)なんですね。

 

  条件反射と無条件反射は相対する反射だが武術は両方ともに精通している。


少し話は変わりますが、条件反射や無条件反射、または地球の重力などまったく知らなかった時代から、命懸けだった 武術は、現代でいう行動心理学(条件反射)などを駆使して、それらを体験的に知り使いこなすまでに至っていたのです。

しかし現代、あまりにも「情報過多により頭で解決」しょうとする風潮が強くて、実体験が伴わず頭でっかちの評論家タイプの 人間が増えているのも懸念されます。こういう人たちは実際の場で論理が通用しない場合どうするのか・・?

こういう人間を実際に見てきましたが、それはもう滑稽です。 一つ頭を下げれば済むものを、自分の正当性や自己保身(責任逃れ)を得意の理論で、精いっぱい捲し立てることにことに 終始します。

昔なら(世が世なら)こういう人間は生きて行けなかったでしょうね。
薩摩藩には「義を云うな」という言葉が有名ですが、これは「理屈を云うな」ということで、これは九州武士にとって一番 恥ずべきことでもあった訳です。

でも今は今「時代錯誤するな!」と云われそうですが、しかし体験をせざるを得なかった場合どうするのか。 果たして昔のように体験を基に物申す時代は終わったのでしょうか。

話を戻して、昔から伝わる武術は「行動心理や条件反射」を巧みに操って、相手を思い通りに動かす秘技とも言われていますが、 これも現代の武道や武術には失われつつある極意でもあります。

これは身体の使い方として体幹の中心から起動させる技ですが、もう一つの要素は心理学を巧みに使うことであり、 また医学的にはパーキンソン病などで使われる「錐体外路神経系」にアプローチした現象です。

言葉では、中々理解しがたいとは思いますが、つまり一般的な力の使い方のように「7の力には8以上の力」で対抗すると いうような比較的な発想ではなくて、相手のチカラを3にするという発想の転換です。

世の中のほぼ総てが「他より自分側が数や量で上回る」ことで、より優位に立とうとしていくのが常識になっていますが、 発想を転換して「相手を自分より小さくする」という発想は現代でもあるにはありますが。

つまり、身体で掛ける技も同じく「相手の力を弱める」ということですが、人間は両足で大地を踏みしめている状態が 一番強くて、この状態のまま技を掛けても先ず掛かりません。しかし相手の「重心が挙がって不安定」になれば、 大の男も子供にさえ負けてしまうということです。

顕在意識と潜在意識の境界線よりも深い部分に直接届く刺激のことを「サブリミナル効果」



体幹の使い方 5へ

Amazon 電子出版書籍のご案内
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」
体幹操作法とは何か・・体幹操作法のメリットは? デメリットは? 等など、まずは自宅で練習する内容を知りたい方は
こちらから↓


本格的に学ぶ(メンタルとフィジカル) の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」
1 リバウンドしないダイエット法
2 メンタル強化と心身の健康法
3 精密な運動能力UPメソッド

 
上記3つを確実に習得するための具体的な指南書(教科書)です。


 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/