体幹操作の重い感覚と軽い感覚(フィール)中山明三Official Site

トップページ 体幹操作法 奇跡の力 体幹操作法 基本理念 体幹整体 出張指導 お問い合わせ
 
スポーツ&体幹操作法 護身術体幹操作法 護身術&全国犯罪率 よくある質問「Q&A」 無料メルマガ登録
 
 TOPスポーツ&体幹操作 記事集体幹操作の重い感覚と軽い感覚(フィール

 

 体幹操作の重い感覚と軽い感覚(フィール)




こんにちは
体幹操作法」の中山です。

体幹操作の重い感覚と軽い感覚(フィール)」 について、例えば、筋肉をマッチョに鍛えて強化し、その力で思いっきり速くボールを投げ込んでも 「球は速いけど軽い!(フィール)」などという表現を聞いたことはありませんか?

野球のボールだけではなくても、ボクシングなどでも「パンチは速いが軽い!(フィール)」などと 使いますし、空手でも「蹴りは速いけど軽い!(フィール)」などと表現されることが非常に多いと 思いませんか。この「軽い重い」の感覚フィール)とは一体何なのでしょうか。

また、どうしたらボールやパンチが重たくなるのか?…それには「特別な体幹の使い方」が必要 だったのですが、まだほとんどの人が理由を知らずに使っている言葉(フィール)です。

先ほども話しましたが、野球などでも、ピッチャーの投げる球が「重いとか軽い」などと表現をしますが、野球のボール 自体には重いも軽いもなく、同じ重さのボールのはずなのにどうして投げたボールが「重たい」とか「軽い」などの 感覚があるのでしょうか?

実は、これは「武道や相撲などの張り手や突き、蹴り」でも、このような表現をしますが、この「重い、軽い」のボールや 突き蹴りの一体何が(フィール)違うというのでしょうか。

結論から言いますと、これはボールを投げる人、突き蹴りを放つ人の「体幹の使い方」の違いにあると いうことができます。(フィール

シンプルに言うと、ボールを握った手に近い部位から、力の発生源にして投げたボールは、キャッチャーミットに納まった ときの感覚「弾けるような軽さ」を感じますが、下半身から体幹など遠くを発生源に して投げた球は、ズシッと重たい感覚になるのは事実なんです。


  手先からボールが離れるまでの感覚とどういう体幹の使い方をしているか。




これは、武道の突き蹴りに関しても同じようなことが言えますが、武道や武術の場合は「単に発生源が遠い近いの問題」 だけではなくて「なぜそうなるのか?」ということも非常に理論的に解かれています。

力を発生させるための物理的な理論には「物体と目標物の距離とスピード」ということが物理的な基本になっていますが、 実は、手から放たれたボールとキャッチャーミットに納まる距離とスピードだけだったら、単なる「速いか遅いか」の表現に なってしまいます。

手先からボールが離れるまでの間に、どのような体幹の使い方、もしくは体幹や身体に どのような精密な伝達の仕組みがあったのかが影響しているようです。

正しくこの体幹の操作法が「ボールが重い軽い」という感覚を与え表現をさせる要因なのです。 また「突き蹴りが重い」という、一撃必殺の武器になり得るか否かの要因も、体幹の使い方にあったのです。

自分の「拳が相手に届く速さ」だけを以て、突きの威力を語っている人もいますが、その速さよりも何よりも、 一撃で倒す重い突きの威力を作り出す「体幹操作のメカニズム」があったのです。 腕力や拳の固さばかりに目をやるのではなく、もっと体幹について研究する必要がありますね。

まとめです・・
「打撃が重い、球が重い」と言われるのは、一言で言うならば、人間個体の筋力で投げた球や腕力での打撃は、スピードは あっても軽いという現象が起こります。一方「地球の重力を活用」して投げた球や打撃は重たいという 現象が起こります。






体幹の使い方 4へ

あなたは体幹操作法の教材を手に入れ、 武道やスポーツはもちろん、一般生活の中でも自分自身をうまくコントロールできるようになります。 なぜなら、
この「体幹操作法の教材」は、心身のコントロールに特化したプログラム だからです。


本格的に学ぶ(意識と身体)の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。体幹操作とは、体幹トレーニング+意識の トレーニング法です。
先ず「・体幹を作る・軸を養成する・意識で動かす」 この三つを確実に習得できるオリジナル教材として公開します。

Amazon 電子出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。

 

 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/