・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作の重い感覚と軽い感覚 体軸のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集4体幹操作の重い感覚軽い感覚 体軸のすすめ
 

 体幹操作の重い感覚と軽い感覚 体軸のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは主に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

さて、体幹操作の重い感覚と軽い感覚 体軸のすすめ」 について、
例えば、筋肉をマッチョに鍛えて強化し、その力で思いっきり速くボールを投げ込んでも
「球は速いけど軽い!」などという表現を聞いたことはありませんか?

野球のボールだけではなくても、ボクシングなどでも「パンチは速いが軽い!)」
などと使いますし、空手でも「蹴りは速いけど軽い!)」などと
表現されることが非常に多いと思いませんか。
この「軽い重い」の感覚とは一体何なのでしょうか。

また、どうしたらボールやパンチが重たくなるのか?…
それには「特別な体幹の使い方」が必要だったのですが、
まだほとんどの人が理由を知らずに使っている言葉です。

先ほども話しましたが、野球などでも、ピッチャーの投げる球が
「重いとか軽い」などと表現をしますが、
野球のボール自体には重いも軽いもなく、同じ重さのボールのはずなのに
どうして投げたボールが「重たい」とか「軽い」などの感覚があるのでしょうか?

実は、これは「武道や相撲などの張り手や突き、蹴り」でも、このような表現をしますが、
この「重い、軽い」のボールや突き蹴りの一体何が違うというのでしょうか。

結論から言いますと、これはボールを投げる人、突き蹴りを放つ人の
「体幹の使い方」の違いにあるということができます。

シンプルに言うと、ボールを握った手に近い部位から、力の発生源にして投げたボールは、
キャッチャーミットに納まったときの感覚は「弾けるような軽さ」を感じますが、
下半身から体幹など遠くを発生源にして投げた球は、ズシッと重たい感覚になるのは事実なんです。


 

  手先からボールが離れるまでの感覚とどういう体幹の使い方をしているか。



これは、武道の突き蹴りに関しても同じようなことが言えますが、
武道や武術の場合は「単に発生源が遠い近いの問題」だけではなくて
「なぜそうなるのか?」ということも非常に理論的に解かれています。

力を発生させるための物理的な理論には「物体と目標物の距離とスピード」
ということが物理的な基本になっていますが、
実は、手から放たれたボールとキャッチャーミットに納まる距離とスピード
だけだったら、
単なる「速いか遅いか」の表現になってしまいます。

手先からボールが離れるまでの間に、どのような体幹の使い方、
もしくは体幹や身体にどのような精密な伝達の仕組みがあったのかが影響しているようです。

正しくこの体幹の操作法が「ボールが重い軽い」
という感覚を与え表現をさせる要因なのです。
また「突き蹴りが重い」という、
一撃必殺の武器になり得るか否かの要因も、体幹の使い方にあったのです。

自分の「拳が相手に届く速さ」だけを以て、突きの威力を語っている人もいますが、
その速さよりも何よりも、一撃で倒す重い突きの威力を作り出す
「体幹操作のメカニズム」があったのです。
腕力や拳の固さばかりに目をやるのではなく、もっと体幹について研究する必要がありますね。

まとめです・・
「打撃が重い、球が重い」と言われるのは、一言で言うならば、
人間個体の筋力で投げた球や腕力での打撃は、スピードはあっても軽いという現象が起こります。
一方「地球の重力を活用」して投げた球や打撃は重たいという現象が起こります。



体幹の使い方 4へ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/