・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作と透き通った力の使い方 体幹力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集3体幹操作と透き通った力の使い方 体幹力のすすめ
 

  透き通った力の使い方 体幹力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは特に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

体幹操作と透き通った力の使い方 体幹力のすすめ」 について、
透き通った力の使い方(透徹力)とは、
言い換えれば「純粋な力」とも言えるのかも知れませんが、
ここでは、と透き通った力の使い方(透徹力)と体幹操作の
関連について考えてみたいと思います。

内面の力、心の力、イメージ力(透徹力)、
または意識の力と言われるものを指していうのですが、
この見えない力を使えるようになるにはどうしたらいいのでしょうか。

見えない力と見える力という両極ですが、見えない力とは「意識や心の力」であり、
内面のすべてに当てはまる言葉ですが、
我々人間で言えば、内面と外面、つまり心と体ということに繋がります。

「見えない力」というと、如何にも怪しい世界の抽象度の高い話のようですが、
私たちは誰もが「心と体を同居」させて生活し生きている訳ですから、
「見えない力」はすべての人の身近なところに存在する訳です。

身体は思うように動かせても「心は自分の意」に反してあっちこっちに飛んで回って、
コントロールが難しい、誰しもこのような経験や悩みは持っていると思いますが、
これを何とかコントロールできないかという「体幹操作法」のアプローチでもあります。

体幹は体幹、身体は身体、心は心というように、別々にバラバラに対立して考えているとしたら、
その考え方から変えていく必要がでてきます。
この「考え方自体が自分を不自由」に窮屈にしている訳で、
その上限界を自ら設定し不自然な考え方にしてしまっているのかも知れませんね。

「体幹操作法」で言う「心と体」は、まったく異なる性質の両極なのですが、
しかし私たちが生きるこの世のすべては「相反する両極」が一体となって、
はじめて物事は完成するというのも事実である訳です。


 

  体幹操作が相反する双方の交わりを一つにして安定した力を生み出す。



昼と夜が一つになって一日であり「物にはすべて裏と表」がありますし、
男と女も相反する性ですが、この相反する双方が交わって、
はじめて生命の誕生を迎えることができるのです。

これらと同じように私たちの中には「心と体」という、
一方は目に見え形であり手に取ることもできますが、
もう一方は形もなく目にも見えず触ることもできない。
私たちの身体には、まったく相反する性質のもの同士が同居しているのです。

また「目に見える身体には制限」がありますが
「目に見えない心は無限」であり制限はありません。
しかも一瞬にして移動することもできますし、行きたい場所にも瞬時に飛んで行くこともできます。
欲しいものもすぐに心の中に思い描くことができます。

本来は、この真逆に思える「心と体」は、一つのものとして使うものなのですが、
しかし多くの人が「体は体、心は心」という具合にわざわざ分けてバラバラに使っているのですね。

まず、身体が動くよりも先に「意識が先に動く」つまり、意識でレールを敷いて、
そのレールの上を身体でなぞって行く、このような意識のトレーニングをすることによって、
更に「意識の力が鮮明」になり、
現実との境が分からないように明確になるまでイメージできるようになります。

地道な訓練ではあるのですが、
これらを繰り返して行くことで「心と体が一体化」した身体の動きに
変わっていくという訳なんですが、
それは自分自身でも感じるほど精密且つ滑らかな動きになります。

「見えない心や意識」にフォーカスして内面の訓練をするという
「捉え所のない」修行にも思えますが、実はこれらの訓練は各分野の一流と云われる人たちは、
方法や考え方は違えどほとんどの方が通ってきた道でもあります。
しかし多くの人達が「理解することもなく習得することもなく」断念していく関門でもあるのです。

「捉え所のない修行」を限りなく「捉え所のある修行」にしたのが、
この「体幹操作法」という、
基本から順を追って論理的に体系化しました。
そういう意味では恐らくこの分野で最初に出版される指南書になると思います。




体幹の使い方 3へ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/