心身統一で先を取る体幹操作 | 体幹操作法 中山明三Official Site

トップページ 中山師範 体幹操作法 体幹操作と基本理念 師範プロフィール お問い合わせ
 
体幹の使い方 記事集 体幹護身術TOP 記事 よくある質問「Q&A」 無料メルマガ登録
 
 TOP体幹の使い方 記事集>心身統一で先を取る体幹操作

 

  心身統一で先を取る体幹操作




こんにちは
体幹操作法」の中山です。

「心身統一で/strong>先を取る体幹操作」について「先を取る」 というと、相手の心の動きが見えるまで自分の心を静めて、相手の心が動いた瞬間を捉えること。

などと、教えられている先生方がいますが、恐らくその先生は「先を取る」という意味を精神的な言い回しで お話されているのかなとも感じています。

なぜなら「相手の心が動いた瞬間」を読んだとしても、それはもうすでに後手になっているということですから 先を取るということにはなりません。

私も長い間、このような言葉で「先を取る」ということについて教えられ続けて来て、私自身何年間も 心の中で考え込んで悩んでいた経験があります。

しかし自分自身がj先を取るという意味を理解してからは、教えが嘘とは言わないけれど、、 このように人を迷わせる言葉でしか伝えられないのは、恐らくご自身でも確固とした確信が持てないからだろうと思います。

「じゃあ、お前が解説してみな!」と云われそうですが、でも秘伝でもある核心をここで解説して書く訳には いきません・・

もし書いたとしても、文章だけで理解する人は極めて少ないと思いますし、もしこの活字だけでの解説を、 それだけで理解できれば、よほど能力の高い人だと思いますが、それ自体が誤解を招く危険性も無きにしも非ず。

でも、ここで先を取るためのヒントになれば少しだけ書いてみますね。

さて、「先を取る」ためには、明鏡止水のごとく心を静かに鏡のように相手を映せ!などと言われて いますが、 まず最初の疑問は「果たして命のやり取りの最中」でそのような境地になれるものなのか・・ 仮に明鏡止水の状態になったとしても、この「死ぬか生きるかの攻防の中でその状態を最後まで保持」 することができるのか。


  明鏡止水で心身統一させなければ、真に「先を取る」ことは できない?




私は、この「無の境地を求めて」長年、様々な形で修行を 行なってきましたが、自身の修行不足か明鏡止水と云われる状態には至れませんでした。 もしかすると、これが「心身統一の状態」ではないかと悟りが開くところまでは、少し感じることはありましたが。

しかし、先人が言うように「無の境地」に入って相手が自分の心に映るように 静かな心の状態、云わば「明鏡止水の状態」にならなければ本当に 「先を取る」ことは できないのか・・?
ということにも疑問が残ります

「身体操作」により、私は相手の心理に働きかけて、相手を一瞬居着かせる「心の使い方」 によっても「先を取る」ことができることを突き止めました。

世で言われるように、相手の心の動きを映し出すかのような「明鏡止水」になるまでには 相当の修行や年月を要しますし、もしかすると死ぬまでその境地には至らないかも知れません。

しかし「相手の心理に働きかけて先を取る」こならは、簡単にとは言いませんが 「明鏡止水」に至ることに比べれば、それほどの難関ではありません。

私たちは、「体幹操作から軸の養成」と言うように、基本的な修行を行ってきた過程で、意識の力やイメージ力など が、一般人よりも鍛えられて強化されていることは理解しています。

その修行の中でも「相手の動き」を心理的に導いたり止めたりするような能力も、自然に身に付いて来るという訳です。 これは生まれ持った特別な人だけができるということではなくて、このような体幹操作法の訓練によっても、誰でもそれを 可能にすることができるのです。

「先を取る能力」は、特別なものではなく、修行の過程で自然に身に付くものです。 なぜなら、私たちの修行は「身体以上に心や意識」など内面の力を 鍛え抜く修行の方が圧倒的に多いですし、それらが訓練の主になっているからです。

結論を書きます「先を取る」とは、仮にも相手の心の動きを読んだとしても、それはもう既に「後手の動き」になっている のです。相手の心の動きを読んだ後に動く訳でしょ?

これでは「後手を取る」ことと同じなので、こちら側から相手の心を止めるという働きかけが必要だということですね。 これが発想の転換で重要なポイントになる訳ですが・・
この説明で、少しはあなたの納得できるヒントになったでしょうか?

まとめますと・・
「先を取るための修行」とは、相手の意識や心を先に読んで、その上でこちらが動くと思われていますが、 これはもう既に「後手の動き」になってしまっている訳ですね。

「先を取る動き」とは、こちらから先に意識なり身体なりで仕掛けて、「 相手の意識や身体を導いてコントロール」するというのが、真の「先を取る」ということです。
これなら、あなたにも出来そうだと思いませんか。




NEXT⇒ 心身一如の体幹操作法 へ

体幹の使い方 TOPへ

あなたは体幹操作法の教材を手に入れ、 武道やスポーツはもちろん、一般生活の中でも自分自身をうまくコントロールできるようになります。 なぜなら、
この「体幹操作法の教材」は、心身のコントロールに特化したプログラム だからです。


本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。


 

 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/