・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作とタンデン ブリーティング 丹田力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集8体幹操作とタンデン ブリーティング 丹田力のすすめ)
 

 体幹とタンデン ブリーティング 丹田力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 border=
 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは主に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

さて、体幹操作とタンデン ブリーティング丹田呼吸)」 について、
「タンデン ブリーティング(Tanden breathing)は(丹田呼吸)を直訳しただけですが、
ここでは体幹操作と(丹田呼吸法)の関連に迫りたいと思います。

タンデン ブリーティング(Tanden breathing)は
(丹田呼吸)のことだと先程も言いましたが、体幹操作とは、これも斬っても切れない
関係にあります。

体幹操作法自体が「意識、呼吸、動作」の3つで成り立っていますので、
体幹操作の訓練でも、この3つに力を入れて強化するための内容に重点を置いています。

つまり、この(丹田呼吸)を含む「意識、呼吸、動作」の訓練で、
内部(心)と外部(体)の連携を明確にする必要があるため、内面と外面の
連携強化に集中させたトレーニングなのです。

特に(丹田呼吸法)では、
体幹の中心に位置する(丹田)の意識を強化する目的と、
呼吸によって(丹田)自体を鍛える効果もあり、
心と体を鍛錬しそれらを強固に繋いで内外の連携を作り上げます。

これらによって何が変わるのかということは、
もうすでに感じられていると思いますが、全体で言うと「心身の一致」
による正確且つ安定的な動きを創るため、
部分的には「集中力・想像力」の飛躍的な変化が期待できます。

さて、私は自然の原理に基いたあるがままの身体の使い方で動いた動作が、
本来自然に則した動きだと教えているんですが・・
しかし今では、ほとんどが鎧で固めたような身体を武器に、
スポーツや武道に強くなることを望んでいるようで残念です。


 

  丹田呼吸は(武道やスポーツ)の動きの中で安定感や精密度を高める訓練


そもそも身体の使い方とは何でしょうか? 
元々私たちの身体は特別に筋トレで筋肉を強化しなくても、
自然の生活の中もしくは取り組んでいる分野(武道やスポーツ)
の動きの中で鍛えられる筋力が一番身体に適している訳です。

現代では文明が進むにつれ、
生活の中だけでは必要最低限の運動を確保することが非常に難しくなりましたし、
試合や競技の
影響または普及によって、試合や競技に勝つために
必要以上の筋力を身に付けなけば
ならなくなりました。

それを求める人がやることだから、
それはそれでいいとしても筋肉を必要以上に強化することにも、
リスクがあるということを知るべきだと思いますし、
果たして効果はどうなのか健康被害はどうなのか。

まず、肉体を鍛えて鋼のような身体を作れば強くなるというのは、
一つの幻想に過ぎないという専門家もいますし、
広く運動障害やスポーツ障害を訴える医師たちも少なくありません。

つまり試合や競技に合わせた筋力強化をするということは、
まさしく自然な身体作りからは逸脱している訳ですし、
例えば健康を求めて過剰な筋トレを行うということは、それ自体がナンセンスだとも言えます。

競技に人生を掛けているアスリートや選手たちは、
世界を目指すため競技に勝つための、過酷な筋トレやトレーニングが必要です。
しかし彼らは身体を犠牲?にしてまでも栄光を掴みに行く覚悟が決まっています。

私がここで言ってるのは「その覚悟でやりますか?」ということです。
世界どころか町内会で一番を目指している人が、自分の身体をある面犠牲にしてまでも、
町内一を目指していく覚悟があるんでしょうか?

少し言ってることがズレてきていると、思われているかも知れません。
しかし私が目にする人の中には沢山います。
つまり、健康のために運動をしているにもかかわらず、
運動障害などの健康被害が生じている人たちなのです。

あなたは自分の身体を犠牲にして、世界一を目指しているのでしょうか?
今行っているトレーニングが、心身の健康のため身体のためにも
適切なトレーニングなのでしょうか。



体幹の使い方 8へ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

↑私の商品を紹介してアフィリエイトで稼ぎませんか!


Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/