・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作と極意の習得法 体幹力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集体幹操作と極意の習得法 体幹力のすすめ
 

  極意の習得法 体幹力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは特に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

体幹操作と極意の習得法 体幹力のすすめ」について、
空手にしろ剣道にしろ、武道では一拍子で身体を使うことを教えています。

一般の人は一拍子と聞いても、それが武道武術に何の関係があるのか、
また何のことかもまったく見当がつかないかと思います。

それは一般の人に限らず、現代武道だけしか知らない人の中には「何のこと?」
って首を傾げる人も少なくないからです。
それもそのはず、本来古くからの武道や武術にあった身体の使い方なので、
現代行われている武道にはほとんど残されていないからです。

「イチ・ニー・サン」のような、西洋から入ってきた号令による動き方が、
本来日本にあった「武道の一拍子の身体動作を
「イチ・ニー・サン」の号令に変えられてしまったからです。

本来の武道の一拍子は、イチ・ニー・サンの動きを「イチ」で完結させる動きです。
剣術ならばで、すべての動作を終えて既に刀は鞘に収まっているというイメージですが、
この説明で感じ取れるでしょうか。

人は、自分の中に「心と体を同居」させていながら
「心は心、体は体」という具合にこの同居している2つをまったく別々、
もしくは対立して使っているのです。

例えば、体育会系やスポーツ界でも、
最近ではイメージトレーニングやメンタルトレーニングなどが
結構盛んに行われていますが、まだ片方ずつの単独トレーニングで、
「心と体を統一するレベル」からは程遠いものがあります。

リズムの流れのように「心と体が融合して動く」ようになれば、
区切りのあるカクカクした動きではなく、途切れ途切れの動作でもなく
「水が流れるような自然の動き」に限りなく近付いて行くのが
一拍子で動く身体動作なのです。


 

  体幹操作は本来一つのものを「二極化して考える癖」を取り去ります。



「心と体を繋ぐ」というのは、どういう意味なのでしょうか?
私たちは「心は心」「体は体」というように、バラバラに使っていますので、
病気にしても身体の病は内科、心の病は精神科という具合に
別々の対処の仕方が普通になっています。

しかし、本当にそうなのでしょうか。
身体が病めば心も病んでいきますし、心が病めば身体もいつしか病んでいってしまいます。
「心が元気になれば身体も健康」になりますよね。

いつしか、私たちは「極と極とを二分割」して考えることに慣れてしまってはいないか?
本来一つのものをわざわざ「二極化させて考える癖」が身に付いていないか・・。

「心が体を導く」心が主で身体が従の関係ではありますが、
このように心身が繋がって動いたときに、
私たちの「身体は滑らかな動き」に変わって行きますし、
私たちの心も晴ればれとした気分になります。
両極は融合し合って自然な流れになるのです。

「1の動作」そして「2の動作」として脳が覚えてしまうことで、
身体はコマ送りのカクカクした動きになってしまいます。
「イチ」だけで2の動きも、3の動きも同時に完結させてしまう動きのことを
「一拍子の動き」
と私たちは呼んでいます。

この「一拍子の動きを心と体に再教育する」ことで
、私たちの動きや身体の使い方は見違えるように
滑らかで精密な流れのような動きへと変身していくのです。

「一拍子の身体操作」のまとめとして、自分の身体操作にコマ送りのような、
途切れてしまうところはないでしょうか?
それは「1,2,3」というリズムの中で身体を分解して動かしているからだと思います。

もし「イチで完結する動き」ができて動作が流れるようになった時、あなたの身体動作は
「一拍子の身体操作」へとなり完成に近付くのであり、
冒頭で書いた「もう、そろそろ内側と繋がれよ!」ということになるのです。


NEXT⇒ 体幹操作と意識改革の仕方(一点集中)へ

体幹の使い方 TOPへ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/