>






 

・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作とウオータフル トレーニング 不動心のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集8体幹操作とウオータフル トレーニング 不動心のすすめ
 

 ウオータフル トレーニング 不動心のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは主に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

体幹操作とウオータフル トレーニング 不動心のすすめ」 について
「ウオータフル トレーニング(Waterfall training)」とは、
(滝行)や滝打たれ修行と訳していますが、ここでは体幹操作と(滝行)
の関連についてお伝えしようと思います。

私は年に一度20年間、しかも元旦の早朝に「花乱れの滝(カランの滝)」
という滝で(滝行)を行ってきました。
これは自分の意志でというより、以前に所属していた空手道場の年頭行事だったからでも
ありましたが、これが無いと新しい年が明けないという覚悟で入水していたのを思い出します。

時には、50センチのツララが下がっていた年もあり、
頭から滝のしぶきで身を清める訳ですから、その覚悟と決意を決め切れなければ、
中々滝壺に入ることはできない訳で、足先まで滝つぼに浸かって身体が凍り付く人が多いのです。

心臓麻痺で死ぬかも知れない!などの恐怖は毎年繰り返して、
20年間の修行でも完全に払拭することは出来ませんでした。
そんな己に打ち勝って、覚悟が決めていざ滝壺へ入る訳なんですが、
恐らく身体には良くないだろうことは感じていながら、
それでも人は何か魂を突き動かすものがあるということでしょうか。

それは「感情の高揚」だったり「気持ちの集中」が
最高度に高まった状態なのかも知れません。
しかし、我々は感情の高揚なくしては、何事も達成できないことを
知識の中では知っていますが、ウオータフルトレーニング(滝行)
で感覚または集中度が最高度に高まることを体験しています。

何事も冷静さを装って、知識を頭の中で分析し
こねくり回しても知識や理屈は全体のわずか3%でしかありません。
つまり頭脳でどれほど分析して見ても3%の中から引き出された答えでしかないということです。

逆に「感情や感覚」といった潜在意識の世界は「97%」
の領域が残っていることになる訳です。
「知識や理屈」を100%使ったとしても全体のわずか3%を発揮するのが精いっぱいで、
それより何とか潜在意識の感覚を呼び起こして、
それを制御できるスキルを身に付けた方が得策ではないでしょうか。

さて先程も話しましたが、私は若い頃に約20年間、
毎年元旦の早朝に「滝打ちの行」を行ってきました。
この理屈や知識では理解できない過酷さ、
また生命までも脅かす状況に、身を投じてきたと言っても過言ではありません。


 

  滝行が果たして、何の役に立ち何の意味があるのか多いに疑問の残ります。


しかし、このウオータフル トレーニング(滝行)は、
身体(健康)のためには決していいとは言えません。
このような難行苦行が果たして何の役に立つのか、何の意味があるというのか
多いに疑問の残るところでもあります。

一般の人に話すと「何のために?」と尋ねられますし、
理解されないことの方が多いと思います。
現時点では私もそう思っています。何のために行っていたのか、
明確に説明することが出来ませんが、ただ昔の言葉で言い表せば、
これこそが「根性論」の代表ではないかとも思います。(笑)

そんな世間から見れば「気狂い沙汰」を、20年間毎年行ってきた訳ですから、
そりゃあ理解してと言ってもおいそれと理解できるものではないと思いますし、
変人扱いされるのも当然だとも言えます。

この動画は、あれから何年も過ぎた初冬の早朝で行った
ウオータフル トレーニング(滝行)です。
中には、年配者の参加もありましたので、敢えて真冬を避けて秋も深まった
初冬の時期に行ったものです。

それでも参加者からは、「生まれ変わった心境」だとか
「悩みが消えたようだ」などの感想を頂きましたが、
私の長いウオータフル トレーニング(滝行)の経験からしても、
特に激寒の冬に滝行しなくても、自分を見つめ直したりと自己啓発や自己発見の意味では、
ただ「内観法」を行うことよりも特別な環境の中で直に感じることも多いでしょう。

さて話は変わって「インサイド・アウト」「アウトサイド・イン」
という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
まず「インサイド・アウト」とは、最初に自分の内面を変化させることで、
それから自分の外側に影響を与えるという考え方です。

これとは逆の「アウトサイド・イン」とは、
その反対の考え方でほとんどの人が該当するというものです。
「インサイド・アウト」の原則は、内観ということができますが、
私たちの意識や心などの内面が、外の世界に投影しているという考え方が、
先ず自分の内側から発する考え方「内観」
ということです。

つまり同じ外部のものを見ても、個々に感じ方も価値観も違って見える訳ですが、
それは自分という「内面の世界」が外の世界に映し出している
(投影)だからに他ならない訳です。

「インサイド・アウトの原則」で考えるようになれば、
外に映し出されている現象はすべて「自分の心のフィルム」
が映し出しているということに気付くはずです。

まさに滝行も「内観法」だと言えるのではないでしょうか、
自分の目の前に現れる外の世界をより良くするための厳しいレッスンだと思えたら、
最速で最高の人間修行になるのではないかと考えています。



体幹の使い方 8へ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

↑私の商品を紹介してアフィリエイトで稼ぎませんか!


Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/