・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作とアメジング イマジネーション 想像力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集8体幹操作と体幹操作とアメジング イマジネーション 想像力のすすめ
 

 アメジング イマジネーション 想像力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは主に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

体幹操作とアメジングイマジネーション 想像力のすすめ」 について、
アメージングイマジネーション(Amazing imagination〉とは「想像力が凄い」
という意味で訳していますが、ここでは体幹操作とイマジネーション(想像力)
の関連についてお伝えしていきます。

先ず最初にお話ししておきたいのは、
イマジネーション(想像力)と体幹操作は切っても切れない関係にあるということです。
「体幹操作法」の具体的なカリキュラムには、心身を同時に訓練するという
トレーニングが主軸になります。

従来の身体は身体、内面は内面というように、
別々に分けてトレーニングする方法ではなく、その2つをほぼ同時に行います。
例えば、身体の中の軸(イメージ)を、右に意識で回転させながら体幹を右に捻転させるなど。

正確に言えば「同時」にではなくて、
微妙な時間差をおいて体幹が動き出すという感じでしょうか。
詳細に解説していますので、
そのプログラムの通りに行えばその辺りの感覚もすぐに掴めると思います。

つまり、イマジネーション(想像力)で線路(レール)を敷いて、
その上を身体(体幹)が実際に動き出す、レールの上を走る列車を想像して見て下さい。
勝手に道を外れたり迷ったりせずレールに沿って走っています。

この線路(レール)の代わりをする、
イマジネーション(想像力)は非常に重要なのですが、
多くのスポーツや運動系でも、未だにほぼ肉体のみのトレーニングに終始しています。

一度試してみて下さい。手が届く位置に互いに立って、
突きやパンチは危険ですので、例えば、相手の胸辺りに指先を軽く触れるという前提で行います。
その際、相手は向かってくるこちらの手を払って胸に接触させないようにします。

最初は普通に素早く相手の胸辺りにタッチしてみて下さい。
どうですか・・簡単に払われませんでしたか?
では次にイマジネーション(想像力)を使って、相手の胸辺りまでレールを敷いて、
すぐに手を出してみて下さい・・どうですか? 
相手の払う手が遅れて案外簡単に相手の胸にタッチできませんでしたか


 

  想像力を明確に働かせると、結果を意外と簡単に手にすることが出来る。


「イマジネーション(想像力)」だけだと結果が見えにくいのですが、
このように「意識と身体(動作)」を組み合わせると
簡単に結果(効果)が手に取るように解るので内面の不透明さ(効果)
が誰にも見えるということです。

スポーツの場合イメージコントロールがメインになると思いますが、
ただ意識は肉体と違って「捉えられない」という先程のイメージが強くて
結果が見え難いのでコントロールしようにも限界を感じてしまいます。

内面だけのトレーニングは効果が「捉えられない」「実感できない」ということが原因で、
敬遠するプレーヤーも多いようですが、内面(意識)と外面(肉体)を繋ぐことで、
つまり「原因と結果」が見えやすくなるということですね。

自分の中に「想像力で軸」を作り上げることと、
「意識で軸を動かす」という内面の強化を図ることで、外面(肉体)に大きな影響を与える。
つまり意識でレールを敷いた上を肉体が通って行くということです。

さらに、この意識や想像力(内面の力)が強化され明確になるほど、
自分の外面(身体)をコントロールすることが容易になり、
心身が一体化して正確且つ自在に身体が動くようになって行きます。

先程も書いたように、意識(内面)で身体(肉体)を導いていく訳ですから、
内面の状態が身体に現れるという訳ですね。
また、それとは逆に外面(身体)が雑な動き、つまり粗雑な動きや行動からは、
同時に内面(意識)の不明確さが見えるということで、日頃の所作で心を読まれるということです。

そういう意味においても、敢えて意識で身体を導くという具合に、
再度(心身)を再教育し直すことも必要なのです。
私たちが何気なく身体を使っているのは、正確さや明確さを求める人たちに限らず、
より良く生きて行くためにも大きな課題を投げかけているのかも知れません。

身体は「頭脳(意識)肉体」の繋がりによって、コントロールされ導かれているのなら、
肉体だけ意識だけという分離した考え方自体がナンセンスであり、
繋がり(接続)することによって物事は完成するという事実を知るべきだと思います。



体幹の使い方 8へ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

↑私の商品を紹介してアフィリエイトで稼ぎませんか!


Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/