・呼吸するだけ 基礎代謝ダイエット
 
     ・呼吸するだけ メンタル強化健康法
 
     ・呼吸するだけ 精密身体操作法
 
体幹操作とイントロスぺクション(内観法)中山明三Official Site 

 
 
トップページ 代謝ダイエット メンタル力強化 運動能力UP スポーツと体幹 全国犯罪発生率
 
体幹操作理念 体幹護身術 プロフィール お問い合わせ よくある質問
 
 TOPスポーツ&体幹操作 記事集体幹操作とイントロスぺクション(内観法
 

 体幹操作とイントロスぺクション(内観法)


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

あなたは意識呼吸、心理と云われるメンタル面(内面)が、身体の動きや身体そのものに、
どれだけ影響しているかご存知でしょうか?

その呼吸法も含めたメンタルの力を身体に取り込むだけで、 外部からの敵に対し内部の抵抗力を高め強靭な心肺機能を活性化させると共に、 身体の基礎代謝を上げリバウンドしない太りにくい体質へと変化させて行きます。

呼吸と体幹軸を併せることで身体能力や運動能力の精密度もUPし、スポーツや護身術などにも優れたパフォーマンス を発揮させることができます。

また呼吸や意識などメンタルへのアプローチが全身の機能を高め免疫力を強化させ、 身体の抵抗力をはじめ全身的なポテンシャルを引き出すということをご存知だったでしょうか?

 

さて、体幹操作とイントロスぺクション(内観法)」 について、「イントロスぺクション」とは、(内観法)と訳していますが、ここでは体幹操作の中で行なって いるイントロスぺクション(内観法)に関してお伝えします。

潜在意識や潜在能力などの言葉を、あなたはどう思っているでしょうか? このサイトの記事を読まれているあなたは、きっともうイントロスぺクション(内観法)に関して興味を持って いるか、もしくは経験者なのではないでしょうか。

釈迦の「自灯明」という教えがありますが、この教えは「自分の外部」ではなく「内なる自分」の中に答えはあることを教えて いるのですが、まさにイントロスぺクション(内観法)によって、自分の中から答えを導き出せ!という お釈迦様の教えなのです。

内観とは「精神を集中して自分の心を観ずる」ことによって、自己の内部にある真理や真実の姿を知ろうとする瞑想による 修行法だと辞書には定義されますが、つまり現代風に言えば「自己を観つめ直す」ということになります。

特に現代に生きる私たちは、仕事や生活、生き方を見てみても、余裕のある生活をしているとはとても思えません。 世の中の情報に振り回され、ストレスに塗れ心身ともに疲れ切って生きている人の方が多いのではないでしょうか。

外部の状況にばかりに目を奪われ、外部に自分を合わせて生きなければ生きることさえ難しいといっても過言ではない。 これはどういうことかと言うと、もはや「自分であって自分でない」こんな状態で生きているということです。

つまり「自分を生きていない」ということですし、さらに言えば「自分でありながら自分でない」という訳で、外を気にして 外に合わせて自分を失っている、まさに「自己否定」の生き方でしかありません。

イントロスぺクション(内観法)は、良くも悪くも一旦自分を受け入れるという「自己肯定感」もしくは「自尊心」 を持って、鼻から「自己否定」をすることの思考の癖を排除してくれます。

 

  「内観法」は自己肯定感の高い人や自尊心を強く持てる人を創り上げる。


現代でもよく聞く話ですが「自己肯定感」の高い人や「自尊心」を強く持っている人ほど、世の中で自分の成功を納めた人 や何かを達成した人に多い、また達観に至る人も多いということもまた事実のようです。

私たちは忙しさに、自分を見失うことなく「自分を観つめ直す時間」を持つ生き方、つまりイントロスぺクション (内観法)をもって、命(時間)の価値を問い直す必要があるのです。少なからず「内観法」を実践している人の中には、時間に 価値とゆとりを見い出して生きている人が非常に多いということも事実です。

お釈迦様が教えるイントロスぺクション(内観法)は「答えは外ではなく内に秘められる」ということですが、 私たちの多くは自分以外に回答を求めようとする人が、圧倒的に多いのも事実なのです。

私の場合「呼吸法と内観法」を同時に行うことが多いのですが、限られた時間に身を任せて一心に内へ内へと深く内観すると 自然に呼吸が深くなっていくのを感じます。そういう経験を経て「呼吸法と内観」が繋がったという訳です。

呼吸が深くなれば、徐々に「自分は何者なのだ?」「自分は何しに生まれでた?」など、普段はあまり考えもしないことが、 まさに内なる疑問や質問が溢れてくるのも不思議な感覚になりますが「内側にはすべての答えがある」と言われていることも あり、「内観法や呼吸法」でしか感じられない感覚かも知れません。

時間に追われ、日々忙殺されながら生きている私たちは、言い換えれば、周囲の景色をゆっくり眺めることも出来ず、何かに 追われて「生き急いでいる」とも感じることがあります。

「何のために生まれてきた?」のでしょうか。この世の中で自分の時間(命)を、深く味わいながら悠々と生きてる人は 一体どのくらいいらっしゃるのかは判りませんが、それほど多くないことは確かなことだと感じています。

私たちの脳を含む内部は「Q&A形式で人生の問題」を解いていくように作られていると、何かで読みどこかで 聞いたことがあります。 内観法で深く心を鎮め、内なる自分へ質問しながら、余裕をもって生きる暮らしは如何でしょうか。


体幹の使い方 7へ

Amazon 電子出版書籍のご案内
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」
体幹操作法とは何か・・体幹操作法のメリットは? デメリットは? 等など、まずは自宅で練習する内容を知りたい方は
こちらから↓


本格的に学ぶ(メンタルとフィジカル) の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」
1 リバウンドしないダイエット法
2 メンタル強化と心身の健康法
3 精密な運動能力UPメソッド

 
上記3つを確実に習得するための具体的な指南書(教科書)です。


 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/