・呼吸するだけ 基礎代謝ダイエット
 
     ・呼吸するだけ メンタル強化健康法
 
     ・呼吸するだけ 精密身体操作法
 
体幹操作とディープ サイコロジー(深層心理学)中山明三Official Site 

 
 
トップページ 代謝ダイエット メンタル力強化 運動能力UP スポーツと体幹 全国犯罪発生率
 
体幹操作理念 体幹護身術 プロフィール お問い合わせ よくある質問
 
 TOPスポーツ&体幹操作 記事集体幹操作とディープ サイコロジー(深層心理学
 

 体幹操作とディープ サイコロジー(深層心理学)


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

あなたは意識呼吸、心理と云われるメンタル面(内面)が、身体の動きや身体そのものに、
どれだけ影響しているかご存知でしょうか?

その呼吸法も含めたメンタルの力を身体に取り込むだけで、 外部からの敵に対し内部の抵抗力を高め強靭な心肺機能を活性化させると共に、 身体の基礎代謝を上げリバウンドしない太りにくい体質へと変化させて行きます。

呼吸と体幹軸を併せることで身体能力や運動能力の精密度もUPし、スポーツや護身術などにも優れたパフォーマンス を発揮させることができます。

また呼吸や意識などメンタルへのアプローチが全身の機能を高め免疫力を強化させ、 身体の抵抗力をはじめ全身的なポテンシャルを引き出すということをご存知だったでしょうか?

 

さて、体幹操作とディープ サイコロジー(深層心理学)」 について、 「ディープ サイコロジー(Deep psychology)」は、(深層心理学)のことなのですが、ここでは 体幹操作とディープ サイコロジー(深層心理学)の関係について話してみたいと思います。

体幹操作法」では、基礎である体幹の動きと体軸や重心、つまり「自分操作」と云われる 自分自身の内部を創り込んだら、次のステージでは外部であり「相手」にアプローチすることになります。

体幹操作(自分操作)」を理解することが前提ですが、この段階から「ディープ サイコロジー (深層心理学))」が深く関わって来るという訳です。

相手の心理を把握できるまで自分の心を静かにして、相手の心理が起こった瞬間を捉えることなど、このように教える先生が 多いのですが、恐らくその先生は実感として「相手を読む」や「先を取る」ということが体感されてないのではと思います。

なぜなら「相手の心が起こった瞬間」を読んだとしても、その「先を取った」としても、それはもう既に後手になっていると いうことです。つまり相手の心が起こってからではなく、こちらから心理を誘導して起こさせるのです。

私も長い間、このように「相手を読む」や「先を取る」について教えられてきましたので、私自身何年もずっと心の中で迷い 混乱していました。多分どこかでこの嘘に気付かなければ、死ぬまでまぼろしを追い求めていたでしょう。

しかし自分自身が「先を取る」という真の意味を知ってしまったら、これらがすべて嘘とは言わないが、このような抽象的な 誰もが理解できない言葉や無意味なことを教えてしまうことは、無駄な修行を一生させてしまう結果にもなります。

さて「先を取る」ためには、明鏡止水のごとく心を静かに鏡のように鎮め、相手を映すが如くなどと先程も言いましたが、 果たして命のやり取りの恐怖の中で、そのような「無の境地」の如く静かな心の状態を 保持することができるのか否か。

 

  深層心理学により「先を取る」ことは簡単ではないが不可能ではない。


私は、この「無の境地」を求めて思い付く限り、様々な修行を長年行なってきましたが「無の境地」とは行かないまでも、 これが「心身を統一した状態」なのか・・と悟るレベルまでは感じたことがあります。

しかし、先人が言うように「無の境地」に入って、相手が自分の心に映るように静かな心の状態、云わば「明鏡止水」の状態 には成ることが出来ませんでした。しかしそうならなくても「先を取る」ことはできました。

私は「体幹操作法」と「心理学」によって、先に相手の心理に働きかけて、相手を一瞬居着かせる昔で云う「心法」によって 「先を取る」ことができるようになり、心理を操作することによっても出来ることを突き止めました。

世で言われるように、相手の心の動きを映し出す如き「無の境地」になるまでには、相当の修行と年月を要すると思いますし、 もしかすると死ぬまで、その境地には至ることなく一生を終えるかも知れません。

しかし、相手の心理に働きかけて「先を取る」ことは、簡単とは言いませんが漠然とした「無の境地」に至ることに比べれば、 多少の心理学を学ぶことは必要であっても、それほど難しいことではありません。

私たちは「体幹操作の基礎」から、体軸の養成と言うように基本的な訓練を行ってきた過程で、ある面、自然と意識の力や イメージ力(映像思考)が普通の人よりも鍛えられていることは確かです。

その訓練の中でも、相手の動きを心理的に導いたり止めたりするような能力らしきものも、自然に身に付いて来ている、 ということになります。これは特別な人だけができるということではなくて、このような訓練や修行によって、 誰もが身に付けることが出来るということです。

「先を取るという力」は特別なものとしてではなく、実は「ディープ サイコロジー(深層心理学)」の習得によっても、 身に付けることが出来るということです。つまり、長い修行の末「明鏡止水」にならなくても「心理学」を学ぶことによって、 それは可能になるということですね。

顕在意識と潜在意識の境界線よりも深い部分に直接届く刺激のことを「サブリミナル効果」

体幹の使い方 7へ

Amazon 電子出版書籍のご案内
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」
体幹操作法とは何か・・体幹操作法のメリットは? デメリットは? 等など、まずは自宅で練習する内容を知りたい方は
こちらから↓


本格的に学ぶ(メンタルとフィジカル) の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」
1 リバウンドしないダイエット法
2 メンタル強化と心身の健康法
3 精密な運動能力UPメソッド

 
上記3つを確実に習得するための具体的な指南書(教科書)です。


 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/