・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作とイマジネーション 想像力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集7体幹操作とイマジネーション 想像力のすすめ
 

 体幹とイマジネーション 想像力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは主に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

さて、体幹操作とイマジネーション 想像力のすすめ」 について、
私たちは言語思考(理論)を中心に教育され成長してきましたので
「イマジネーション(想像力)」を使ってイメージして思考することが非常に苦手です。

先ほど書いたように、私たちは「言語思考(論理思考)」を中心に育って来ましたので、
理屈で「考える」ということには非常に慣れている訳ですが、
私たちの脳には(3%の論理)と(97%の感性)に分けられると云います。

言い換えれば「考える」と「感じる」の2つの脳ということになりますが、
私たち人間は言葉という武器を持ったのと代わりに、私たちは「考える(言語思考)」が
優位になり、五感で「感じる(イマジネーション)」(想像力)が衰えてきていると云われます。

「五感」が衰えていく代わりに「言語」が発達し、
言葉を中心に「考える」ようになり、言語中心の脳に変わって行ったのです。
それ自体はすばらしい進歩なのですが、特に身体を使った運動や活動を例に上げれば、
「言葉」を介しないと動作ができないということになります。

つまり、見たり聞いたりしたことを言葉を使って理解し、
それを神経を介して手足や身体に送って動かす、シンプルに言えば
このような仕組みで人間の身体は動いている訳ですが、
しかしそれを見たものをそのまま映像イマジネーション(想像力)で脳が捉えれば、
97%の感じる潜在意識(本能的)に活動できるのです。

自分の力の限界を感じている人も、
それは真のあなたの限界ではない訳で、単に自分のインナーチャイルドがメンタルブレーキ
を掛けているだけかも知れませんし、自分の経験値で限界が解ると言う人もいますが、
まだまだあなたの知らない世界の方が各段に広いのです。

私たちの経験値というのは、この世の現象のほんの一部でしかありませんし、
特に年をとれば取るほど考え方や捉え方は、自身が経験したことだけに固定化して考えるように
なるのが人間です。

しかし、(想像力)が優位に立った脳は、例えば何かで成功する人、
何かを成し遂げる人
には共通した(イマジネーション)脳が、幾つになっても
少年のように柔かいのです。


 

  イマジネーション脳に達した映像思考は、達人や一流の体幹操作なのです。


あなたが観ている映画や動画のように、映像(想像力)で物事を捉えられるように、
今のうちにイマジネーションで、感じる映像思考ができるように変えることが出来れば、
人生の何事にしてもすべての景色が変わってくることは間違いありません。

つまり、そのイマジネーション脳に達した映像思考は、
達人や一流プレイヤーの動きに見られるような、
身体能力をはじめ場面場面の判断力の速さや正確さにも見ることが出来ます。

しかし、達人や一流プレイヤーのすでに出来上がった動きだけを見ても、
「すごい!」という憧れや感動は起こりますが、
決してそれを見ただけでは本人が実際にできるようには成りません。

もし自分が達人や一流プレイヤーのように成りたいと、思っているとしたら、
このように完成版を観て感動するだけでは難しいですから、
まずは彼らの「感じ方(映像思考)」などから見習うべきだと思います。

完成されたテクニックやノウハウだけを学ぶより、
まずは「五感」を明確に研ぎ澄ます訓練が重要です。
その完成された達人や一流プレイヤーが、一流に至った技やテクニックではなくて、
どう感じどう捉えてどうインプットし、どうアウトプットしているのかを知る事の方が重要です。

これは何かと言いますと、そこに至るために通らなければならない流れ、
特にどう捉え何を感じて如何にアウトプットしたのか、
この流れ(イマジネーション)が明確にできることが最初に必要なのです。

それが基礎という土台になりますし、
もしこれが欠落していれば当然ながら、
その上に立つ家などの建物も崩壊するのは誰の目にも明らかです。
日常的に基礎が大事だと言われていても、
単純で平凡にも見える基本を反復するより、人は目新しい技やテクニックに走りたい訳です。

それが故に、達人や一流プレイヤーになる人は少数しかいないし、
80対20の法則にも当てはまる訳なんです。
強制は出来ませんが、平々凡々と人生を生きるのなら80%の生き方をすればいいことですし、
20%の生き方をしたいと思うのであれば、
自分自身の思考の仕方から根本的に変える必要があります。


顕在意識と潜在意識の境界線よりも深い部分に直接届く刺激のことを「サブリミナル効果」



体幹の使い方 7へ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

↑私の商品を紹介してアフィリエイトで稼ぎませんか!


Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/