体幹操作法と心身統一法 | 体幹操作法 中山明三Official Site

トップページ 中山師範 体幹操作法 体幹操作と基本理念 師範プロフィール お問い合わせ
 
体幹の使い方 記事集 体幹護身術TOP 記事 よくある質問「Q&A」 無料メルマガ登録
 
 TOP体幹の使い方 記事集体幹操作法と心身統一

 

  体幹操作法と心身統一法




こんにちは
体幹操作法」の中山です。

体幹操作法と心身統一法」について、先ず、 体幹トレーニングとの違いについて説明しておきます。

体幹トレーニングは、主に体幹内部の深部筋(インナーマッスル)を強化して全体の 力を引き出そうとするトレーニング法ですが、体幹操作法とは、体幹深部筋の 強化トレーニングも含みますが、主に体幹を胸郭部と骨盤部に分けて使う操作法を養成する綜合的な トレーニング法です。

体幹操作法を身に付けると、どういうメリットがあるのか?」
先ず筋トレで身体の各部を、必要以上に鍛えて強くする必要がなくなりますし、腕や肩など部分的な 筋力ではなく体幹をはじめとした全身の力を一気に引き出すことが可能になります。

例を上げれば、武術の達人がいとも簡単に相手を投げたり、吹っ飛ばしたりするシーンを見たことがある人も多いと 思いますが、これらはヤラセではなくて、そこにはた「原理原則に基づく体幹の使い方」があったのです。

さて、体幹操作法とはあまり耳にしない言葉ですが、一般的には内蔵を 収める器として重要な部位という認識はあります。しかしこの体幹を意識で操作して身体を精密に 動かすということは誰も考えてもいないことだったと思います。

体幹を幾つかに分けてコントロールするという意味と強化することを 含めて体幹操作法と呼ぶことにしました。


  体幹という箱の中には人間の動作に関して重要なヒントがある場所。




トレーニングという言葉も既にありますが、体幹を鍛錬してトレーニングする という意味に加えて、体幹という一つの塊にも見える箱の中には、人間の動作に関して 重要な部位の動きのヒントになる場所なのです。

ただ、一般にはまだその使い方が公にされていないため、体幹を上手く使えていない人がほとんどだと 思いますし、体幹を操作するなど考えてもいないということです。

昔から武道や武術では「その目的自体が命のやり取りという過酷な状況」 だという中で、体幹操作を何年も徹底して研究してきました。

その「身体操作の基礎」となる動きの源が「体幹に存在する」という気付きなんですが、 末端に位置する手足の動作もすべては「体幹より起動する」という考えが体幹操作法の発見に繋がったということです。

例を上げますと、本来、我々人間以外の動物の走り方などを観察してみれば、身体の使い方は一目瞭然なのですが、 例えば「サバンナのチーターなどの走り方」を見るとよく分かります。



彼らは4本の脚の力を使って、どうしてあんなに速く草原を疾走することができるのしょうか? 身体(体幹)の動きに注目してみて下さい。体幹が波打って走っていませんか?

そうです。これが「体幹から起動」した力を手足に伝えて走っている、これこそ体幹からの 連動した使い方がよく解る例です。

我々人間は進化の過程で、脳が進化し利便性を求めるあまり「体幹から起動」して手足を 使う必要が、ほとんどなくなって手足の筋肉や末端の動きなどで事足りるようになったのです。

しかし、文明の発達した現代でも「武道やスポーツ」などで頂点を目指したり、何かの分野で一流を目指す人にとっては 体幹操作法は、現代でも必要不可欠と言えるのではないでしょうか。

「体幹操作法」という概念は普通の人中にはないものだと思っていますが、しかし本来人間 も動物なのですから「精密な身体の使い方」を習得することがより自然体に近付くと考えています。



NEXT⇒ 体幹操作の丹田を使う術 へ

体幹の使い方 TOPへ

あなたは体幹操作法の教材を手に入れ、 武道やスポーツはもちろん、一般生活の中でも自分自身をうまくコントロールできるようになります。 なぜなら、
この「体幹操作法の教材」は、心身のコントロールに特化したプログラム だからです。


本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我がチカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなりません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。



Amazon 出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。
併せてご購読頂ければ幸いに存じます。


 

 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/