・呼吸するだけ 基礎代謝ダイエット
 
     ・呼吸するだけ メンタル強化健康法
 
     ・呼吸するだけ 精密身体操作法
 
体幹操作とマーシャルアーツ(格闘技)中山明三Official Site 

 
 
トップページ 代謝ダイエット メンタル力強化 運動能力UP スポーツと体幹 全国犯罪発生率
 
体幹操作理念 体幹護身術 プロフィール お問い合わせ よくある質問
 
 TOPスポーツ&体幹操作 記事集体幹操作とマーシャルアーツ格闘技
 

 体幹操作とマーシャルアーツ(格闘技)


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

あなたは意識呼吸、心理と云われるメンタル面(内面)が、身体の動きや身体そのものに、
どれだけ影響しているかご存知でしょうか?

その呼吸法も含めたメンタルの力を身体に取り込むだけで、 外部からの敵に対し内部の抵抗力を高め強靭な心肺機能を活性化させると共に、 身体の基礎代謝を上げリバウンドしない太りにくい体質へと変化させて行きます。

呼吸と体幹軸を併せることで身体能力や運動能力の精密度もUPし、スポーツや護身術などにも優れたパフォーマンス を発揮させることができます。

また呼吸や意識などメンタルへのアプローチが全身の機能を高め免疫力を強化させ、 身体の抵抗力をはじめ全身的なポテンシャルを引き出すということをご存知だったでしょうか?

 

さて、体幹操作とマーシャルアーツ(格闘技)」 について、 マーシャルアーツとは「武芸(格闘技)」武術の技芸のことですが、一般的には (格闘技)全体をさしてマーシャルアーツと呼ぶ場合が多いと思います。

マーシャルアーツ格闘技)は、今でいう単なる格闘技とは違い「意識 呼吸 動作」 を一体化した三位一体で身体を使って闘うための芸術なのですが、今では数少ない古流武術の中にしか残されていません。

空手の型(三戦)などに残っている呼吸法(武息)、実際に沖縄では「意識 呼吸 動作」の三位一体で動く鍛錬型だと 私は習いました。私が学んだ沖縄武術では型に限らず、すべてをこの「意識 呼吸 動作」を一体にして動くことを教えます。

古流武術空手や合気道などの考え方を、私が体系化して作ったのが「体幹操作法」になる訳ですが、 この「体幹操作法」では、体幹の基本的な使い方として、主に「骨盤部と胸郭部」の 2ヶ所に分けた動かし方をしていきます。

マーシャルアーツ(格闘技)と聞くと、格闘技的な技のことだけを考えがちですが、 元々昔は「筋トレ」などはなかった訳ですし、「マーシャルアーツ」の身体の使い方は、筋力を主体にした 動き方ではありませんし、今の格闘家のように筋肉隆々の身体になる必要もなかった訳です。

さて、一般的な体幹(胴体)に対する認識は、大事なものを入れている「収納庫程度の認識」ですので、 その体幹を操作するなど想像も付かないかも知れません。

先程も触れたように、体幹内部には上下2つに分けることが出来ます。 それは「骨盤部と胸郭部」なのですが、これらをそれぞれ異なる動きで使えるように訓練をして、一つの塊に見える 体幹を、上下別々な動きを作り出すことが出来るのです。

その訓練法として、先ずは「体幹の3動作」として其々の動きを覚える必要があります。これらの動きを 基礎として、先ず自身の身体である「体幹操作」を作り上げていきます。本来のマーシャルアーツ (格闘技)へと向かうために、この基本的な体幹の使い方を習得して行きます。

 

  マーシャルアーツへの基礎となる「体幹の3動作」を習得していきます。


では、早速マーシャルアーツへの基礎となる「体幹の3動作」を習得していきますので、
この基本をしっかり身に付けて下さい。

まず最初は、一番目の動きとして「体幹の前後動作」からはじめます。 この動作を含めた「体幹の動作」は、精度を上げて行くための訓練として「体軸」の使い方へと進んでいくため、後々「体軸」の 捉え方に繋がって行きますので、ここでしっかり「体幹の動作」について学習しておきます。

「体幹の前後動作」は体幹の背骨を意識して 簡単に言えば「反ったり丸めたり」する動きになりますが、この場合「反る」 時は骨盤の前面と胸郭の前面を引き離すように動かしします。逆に「丸める」動作では、骨盤と胸郭が近づくように動かして 行くように訓練をします。

チータなどの「野生の動物」が走る姿を想像すると、これらの体幹が波打つような動作で、疾走しているのが解ると 思います。動物は基より、人間も大昔は四つ足で生活していましたので、主に「手足主導」で使うのではなく「体幹主導」の 動きをしていたと思われます。

人間は二足歩行になっても、しばらくは「体幹主導の動き」をしていたのですが、自動車や家電などの文明機器が発達する に伴って、徐々に体幹を使わなくても手先だけで、楽に生活できるようになったためだと思われます。

例えば「お風呂を沸かす事」一つをとっても、この違いは歴然としているのが理解できますよね。 わずか100年ほど前の、比較的現代に近い昔でも井戸から水を汲み上げ風呂桶に水を張る作業が必要でした。 いったい井戸から桶に何杯水を汲み上げれば、風呂桶一杯になったのでしょうか。

これだけ取って見ても「腕力だけでは汲み上げ」られるでしょうか、腕の筋肉はぱんぱんに張りすぐに萎えてしまい、 そのため人の身体は極く自然に「体幹を使うような身体の使い方」になるはずです。

それから薪割りです・・どれほどの量の「薪を割った」のでしょうか、これらの作業を毎日とは言わずも、繰り返し行った としたら、「体幹の強化」を含んだ体幹の使い方を生活の中で自然と行っていたことが想像に難くありません。

マーシャルアーツを目指さなくても「体幹の使い方」を習得することは、身体能力や健康寿命の観点からも 非常に重要なことだと思いますが、如何でしょうか?今回は「体幹前後の動き」をご紹介しました。


体幹の使い方 6へ

Amazon 電子出版書籍のご案内
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」
体幹操作法とは何か・・体幹操作法のメリットは? デメリットは? 等など、まずは自宅で練習する内容を知りたい方は
こちらから↓


本格的に学ぶ(メンタルとフィジカル) の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」
1 リバウンドしないダイエット法
2 メンタル強化と心身の健康法
3 精密な運動能力UPメソッド

 
上記3つを確実に習得するための具体的な指南書(教科書)です。


 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/