・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
体幹操作と潜在意識への挑戦 想像力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集6体幹操作と潜在意識への挑戦 想像力のすすめ
 

 体幹と潜在意識への挑戦 想像力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 


あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは主に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

さて、体幹操作と潜在意識への挑戦 想像力のすすめ」について、
満月を鮮明に映す湖面のように、透き通った波立たない心で相手と対峙すれば、
相手の心をを読むこともできる・・よく書物などに書かれている「明鏡止水」のお話です。

(無意識)にも自分のこと
(身体のみしか見えなければ)私たちは自分勝手な動きしかしません。
しかし、相手の心や(無意識)が明鏡止水の如く映って見えれば、
相手がしようとすることも考えていることも一瞬にして見通すことができる・・

このような「極意」の解説をした書物、または教えがありますが、
私はこの説明や話には懐疑的な考えを持っています。
確かに理想ではありますし、「極意」という神秘的な演出や「超人的」
という印象を与える力にはなるでしょう。

私も当時の師から実際にそう教えられてきた一人です。
私の場合は懐疑心が強かったせいもあって、にわかには信じられませんでしたが、
その場は云われる通り「座禅や瞑想、呼吸法」を行いながら明鏡止水の境地を目指しました。

しかし、私の能力的なせいだったのか、
相手と対峙した闘いの中で「明鏡止水」の境地に至ることは出来ませんでした。
が、しかし「座禅や瞑想呼吸」を長年行う中で「明鏡止水」とは違った境地に至ったのです。

例えば、対峙した相手の中心に入って、
その中心を浮かせれば相手は一瞬動きが止まってしまいます。
どっしりと構えた相手を、動かしたり倒したりするのは先ず不可能に近いのですが、
身体を浮かされてしまえばどうでしょう。

どっしりした相手には技も掛かりません。
掛かったとしてもそれは力で強引に掛けた技ですので、真の意味では技とは呼べない 代物ですが、
意識や条件反射を使って相手の重心を崩すことを発見したのです。

これは神秘的な心を「明鏡止水」の境地になるまで、
修行する必要もなく科学的な「深層心理学」を学ぶことによって可能です。
人間の行動心理や脳を騙す(錯覚)させる科学的な手法と
武術的な要素を組み合わせたに過ぎません。

例えば、あなたも容易に想像が付くとは思いますが、
いきなりあなたの喉元に刃物を突き付けられたら、どうなりますか?動けませんよね、
一瞬身体が凍り付いて(居付く)動作が止まりませんか。


 

  無意識や脳の仕組み、心理が解れば達人にしかできなかった技も使える。


これが脳の仕組みや心理を突いた「深層心理学」を応用した武術です。
つまり、10年も20年も掛けて「明鏡止水」に至る修行をしなくても、
人間の行動心理や脳の仕組みを理解すれば、達人にしかできなかった技も使えるということです。

私はこれらの「心理学」と「身体の使い方」を研究するうちに、
この2つを組み合わせて用いることを発見しました。
そして、その理論をまとめ「体幹操作法] と名付けて、その教材を出版しました。

「体幹操作法」言っても、体幹は手足のように自由に大きく動く訳ではありませんし、
また相手の心理に働きかけるには、自分の身体(体幹)を
自在にコントロールできるようになる必要があります。

そのためには、最初に体幹について知る必要があります。
体幹の構造、体幹内のインナーマッスル、体幹の動くメカニズム、
更には体幹と脳の繋がり等々、こう書くと非常に難しく聞こえると思いますが、
「体幹操作法」の教材の中では実践している内にシンプルに身に付くようにしました。

昔、私が学んだ古流空手の教えには
「2割の身体と8割の意識」ということが言われていました。
これは武道や武術は「意識を極めて極意に至る」という教えがあるように、
内面(意識)が非常に重要になります。

少し専門的になりますが、
例えば「体幹の下丹田と中丹田」を逆方向に動かす訓練をするときも、
手足のように自由には「動かない体幹」をどう動かせばいいのか、
これを肉体のみで操作しようとすると非常に困難だと解ります。

これは下丹田が「骨盤の中心」にあり、
中丹田は「胸郭の中心」なのです。しかしその位置を知ったからと言っても、
それを如何に動かせばいいのか、という問題も解決しなければなりませんが、
先ずは体幹を知る必要があるのです。

このように「体幹の使い方」を基礎的な動きにまで遡って行う訳なんですが、
先程も言ったように「体幹は手足」のように大きく自由には動かない部位でもあります。
そこで意識の力が必要になる訳で、まずは「意識が身体を導く」という原理原則を
頭に叩き込んで下さい。それを確信することが超重要になります。

この「身体の原理」と「自然の原理」に対して、
色々理屈を捏ねる人が時々いますが、このような原理原則に対して、どうこう言ったところで
「既に決まっている原則」には素直に従うしかありません。
これについて議論をしても時間の無駄ですので受け入れることが最重要となります。


顕在意識と潜在意識の境界線よりも深い部分に直接届く刺激のことを「サブリミナル効果」



体幹の使い方 6へ

【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

↑私の商品を紹介してアフィリエイトで稼ぎませんか!


Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/