・呼吸するだけ 基礎代謝ダイエット
 
     ・呼吸するだけ メンタル強化健康法
 
     ・呼吸するだけ 精密身体操作法
 
体幹操作と釈迦如来の悟り(ほっとけ)中山明三Official Site 

 
 
トップページ 代謝ダイエット メンタル力強化 運動能力UP スポーツと体幹 全国犯罪発生率
 
体幹操作理念 体幹護身術 プロフィール お問い合わせ よくある質問
 
 TOPスポーツ&体幹操作 記事集体幹操作と釈迦如来の悟り(ほっとけ
 

 体幹操作と釈迦如来の悟り(ほっとけ)


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

あなたは意識呼吸、心理と云われるメンタル面(内面)が、身体の動きや身体そのものに、
どれだけ影響しているかご存知でしょうか?

その呼吸法も含めたメンタルの力を身体に取り込むだけで、 外部からの敵に対し内部の抵抗力を高め強靭な心肺機能を活性化させると共に、 身体の基礎代謝を上げリバウンドしない太りにくい体質へと変化させて行きます。

呼吸と体幹軸を併せることで身体能力や運動能力の精密度もUPし、スポーツや護身術などにも優れたパフォーマンス を発揮させることができます。

また呼吸や意識などメンタルへのアプローチが全身の機能を高め免疫力を強化させ、 身体の抵抗力をはじめ全身的なポテンシャルを引き出すということをご存知だったでしょうか?

 

さて、体幹操作と釈迦如来の悟り(ほっとけ)」 について、 お釈迦様は仏に限りなく近いといわれた超天才だった、飢餓や貧困に苦しむ人々を救おうと、滝行や山篭りなど難行苦行を して悟り(ほっとけ)を開き人々の悩みを鎮めようとしました。

しかし、悟りが開かれた時に言い放たれたのは、人は悩みを消すことはできない!「悩みと戦うのは無駄だ! (ほっとけ)このほっとけが「仏」の由来だとも云われています。

そして(ほっとけ)という中道を悟られたという話があります。 つまり「苦しみは嫌だ!」「幸せになるんだ!」と、両極どちらかの極を考えすぎても結局は、どちらにも求めるものなど 見つからないということが解った。答えは「無念無想で今この瞬間を生きる」のみだということだったのです。

武道でも、相手と対峙して「勝つか負けるか」を考えて対峙しても、勝ち負けを考えた時点で「心が固まって居着く」 ばかりで、自分の力をまったく出せないまま終わってしまうかも知れません。

いっそのこと「何も考えず相手と一つ」になって、勝ち負けを捨て今に集中した方が、心は柔らかいまま身体も今に対応して 自在に相手に対応して動けるのだと思います。

さて、内面ばかりで思うだけでも「精密な体幹操作」による身体操作は不可能です。また逆に肉体だけを どれほど訓練しても精密な体幹の動作にはならないのです。「内面の意識で肉体を導く」つまり心身統一する ことによってのみ、肉体は精密な意識のレールに沿って、限りなく意識に近づいて行くのです。

私たちは子供の頃から、親や周囲の大人たちから教えられたり真似をしたりして「身体の使い方を覚え」てきた訳ですが、 果たして私たちが育った周囲に、本当に身体の使い方や「精密な体幹操作」を理解した大人が一人でもいたでしょうか。

このように私たちは「身体の使い方」を専門家から習って育ってきた訳ではなく、そばにいる大人たちの真似をして 見よう見真似で「身体の使い方」を覚えて来たために「適当で効率の悪い動作」を身に付けて成長してしまったのです。

体幹操作法」と言うと「こうして、ああして」次はこのように動かして、という風に理屈で行ない、 身体の表面動作や言語的思考(言葉)で理解しようとする人が結構いますが、身体に覚えさせるためには「非言語思考(映像)」 で考えなくてはなりません。

 

  体幹を意識でコントロールさえすれば、身体は(ほっとけ)自然体でいい。


「極意=意識を極める」と書きますが、体幹操作を身体のみの操作で理解しようとしても、それは頭脳のみ で理解しただけであって、心身一致の「体幹操作法」を極めることは出来ないでしょう。

身体を「身体のみで制御」しようとすると、粗雑な動きにしかならないと言いましたが「身体を意識でコントロール」できる ようになると「繊細且つ精密なな意識の導き」に身体が沿って行くように意識というレールの上を動きます。

しかし「意識が低すぎると身体も粗雑な動き」にしかならないのは、元々身体には大雑把な動きしか入力されておらず、 「精密な動きは意識」の中に納められ「意識と身体を融合」することでしか表現できない精密な世界なのです。

何にでも言えることですが「テクニックや技術」などを最重要視した訓練法、肉体の動きばかりに囚われたトレーニングは、 結局のところ心身の半分(肉体だけ)の力しか発揮できずに終わってしまうのです。

やはり、それ以前の土台(基本)になる「考え方や意識の持ち方」つまり持っている「マインド」が高くなければ、 その道を極めることなど困難なことだと思います。

かと言って、ここで「精神論」だけを語る気は毛頭ありませんが、精神や意識などの見えないものを、無視するつもりも ありません。「人間という器の中」には、まったく相反するもの同士(内面と外面)が同時に存在して、陰と陽の如く 「心と体」は同じ器の中で同居しているのです。

「心だけで思っても」表現できない。「肉体だけを使っても」知性を伴わず、どちらも半分の力以上は出せない。 そんな中で一生懸命頑張っている人たちに理解して頂きたいのです。

現代は「ストレス過剰時代」だとは言え、うつ病などで病む人が年々増加している現状は、ただ外部のストレスだけが原因 ではないとも言えないでしょうか。「心と体を一体化」して使うということで、私たちの97%の潜在意識にアプローチできる のではないかと思います。

[心(意識)と身体(肉体)」は一つにして、初めて互いのチカラがバランスが整う訳ですし「健康も運動能力」にも その時から少しづつ最善の状態へと向かい始めるのではないでしょうか。

何事も「極める」ということはそんなに簡単ではありません。しかし一度切りの人生で何をするかということを考えれば、 人それぞれの価値観ではありますが、何かにチャレンジする人生も面白いとは思いませんか。


体幹の使い方 6へ

Amazon 電子出版書籍のご案内
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」
体幹操作法とは何か・・体幹操作法のメリットは? デメリットは? 等など、まずは自宅で練習する内容を知りたい方は
こちらから↓


本格的に学ぶ(メンタルとフィジカル) の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」
1 リバウンドしないダイエット法
2 メンタル強化と心身の健康法
3 精密な運動能力UPメソッド

 
上記3つを確実に習得するための具体的な指南書(教科書)です。


 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/