・呼吸するだけ 基礎代謝ダイエット
 
     ・呼吸するだけ メンタル強化健康法
 
     ・呼吸するだけ 精密身体操作法
 
体幹操作とビジョントレーニング(イメージ)中山明三Official Site 

 
 
トップページ 代謝ダイエット メンタル力強化 運動能力UP スポーツと体幹 全国犯罪発生率
 
体幹操作理念 体幹護身術 プロフィール お問い合わせ よくある質問
 
 TOPスポーツ&体幹操作 記事集体幹操作とビジョントレーニング(イメージ
 

 体幹操作とビジョントレーニング(イメージ)


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

あなたは意識呼吸、心理と云われるメンタル面(内面)が、身体の動きや身体そのものに、
どれだけ影響しているかご存知でしょうか?

その呼吸法も含めたメンタルの力を身体に取り込むだけで、 外部からの敵に対し内部の抵抗力を高め強靭な心肺機能を活性化させると共に、 身体の基礎代謝を上げリバウンドしない太りにくい体質へと変化させて行きます。

呼吸と体幹軸を併せることで身体能力や運動能力の精密度もUPし、スポーツや護身術などにも優れたパフォーマンス を発揮させることができます。

また呼吸や意識などメンタルへのアプローチが全身の機能を高め免疫力を強化させ、 身体の抵抗力をはじめ全身的なポテンシャルを引き出すということをご存知だったでしょうか?

 

さて、体幹操作とビジョントレーニング(イメージ)」 について、 ビジョントレーニング(イメージ)とは、目で見る力を高めるための訓練法のことです。 一般生活やスポーツのスキルを、目の機能からのアプローチしアップさせる目的で行なう訓練です。

先ず、ビジョントレーニングには「眼球運動」「視空間認知」「目と体の連動」に大きく3つに分ける ことができますが、(イメージ)も含めて一つずつ簡単に説明します。

「眼球運動」
ものの動きを目で追ったり、視線をすばやく移したり、寄り目にしたり目を外側に離したりするのが「眼球運動」です。 この働きは「入力(インプット)」にあたり、目の動きを適切に行えることで、目の前の情報をすべて目から取り込む ことができます。

「視空間認知」
目から入った情報を脳で把握し理解するする能力です。空間の一部情報ではなく、全体像を把握するという働きを持っています。 単なる点や線だった情報が、一つの形として具体化し(イメージ)することができるのが「視空間認知」の 機能になります。

「目と体の連動」
目と体のチームワークとも言える「目と体の連動」は、視覚機能と身体の実際の動きを連動させることです。 例えば「ボール遊び」のように、ボールを目で追いながら、身体を目の動きと連動させてボールをキャッチするような動きです。

「体幹操作法」の心身統一は、心(イメージ)と肉体(身体)を一致させ連動させる訓練ですが 「ビジョントレーニング」は、目(眼球)と肉体(身体)を連動させる訓練だと考えてもいいと思います。

少し話は横道にそれますが、どのような悪の誘惑にも心を乱すことなく、不動心と平常心で立ち向かうことができれば、 それだけで人間は保々完成に近づいて行くと思いますが、いきなり平常心を持てと言われてもすぐできるものではありません。

「不動心や平常心]」を養うためには、武道武術を志す者以外でも、人は出来るものならそうなりたいと欲しています。 自分の人生を律して生きる上でも必要な修行になりますが、例えばスポーツなどの向上を目指すなら、最初はやはりこの 「ビジョントレーニング(イメージ)」から始めた方がいいかも知れません。

 

  体幹操作の訓練イメージを明確にするためと人間形成のために行う。


一般の人が、仕事や生活の中で自分という人間の能力を、より伸ばして行きたいと思うなら「体幹操作法」の訓練が最適だと 考えています。この「体幹操作法」の訓練は一概にこの目的のため、ということではなく「スポーツや武道」にも、 自分という人間修行にも適していると思います。

つまり「体幹操作法」の訓練には、「瞑想法」「呼吸法」「心理学」などによって、想像力や集中力、洞察力などの 内面の強化訓練と、身体的な動きとの連動が一つになって訓練することが出来ます。

こうした総合的な訓練を体験すると、人は同時に行うなんて大変だ!と考えがちですが、それは簡単な初歩から一つづつ 順を追って行うことに慣れてしまっているからです。 英会話を習得するのもスロースピークを聞いて覚えるよりも、最初からネイティブスピークを聴いて覚えた方が早いという 事実があります。最初は大変だと思うかも知れませんが、脳は自然に理解しようという能力を最大化するのです。

もしあなたがスポーツや武道が、上手くなりたいと願っているのなら、まずはビジョントレーニングから 入ってもいいと思いますが「体幹操作法」の訓練には人間全体を成長させるメソッドが詰まっています。

さて「人事を尽くして天命を待つ」という言葉がありますが、これは運を天に任せることではなく、自分の積極的な働きに よって、結果は天地天命に委ねるということですよね。

無風状態の中に身を置いていても何も変わりませんし、ぬるま湯に浸っていても温まりません。 強い向かい風が吹くから「追い風を待って」行動を起こすために、今は身を屈めて時を待つのです。

雨が降るから晴れ間が恋しい・・かじかむような寒さだから春が愛おしく、このような自然に対して人間なんて無力に 等しい、ただ雨が止むのを待ち、春が来るのを待つのです。

今の自分にできることを精一杯やったら、あとは「天命を待つ」しかないのです。 その「天命こそ」が、あなたの精一杯の頑張りに対する答えなのですから。

この世に生を受けたのは「自分という人間を修行」するためだという人もいます。 だとしたら、チャレンジして失敗して、またチャレンジして生きて行くことの方が、多くの経験をすることができると いうことでもあります。途中から余談になりましたが・・


体幹の使い方 6へ

Amazon 電子出版書籍のご案内
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」
体幹操作法とは何か・・体幹操作法のメリットは? デメリットは? 等など、まずは自宅で練習する内容を知りたい方は
こちらから↓


本格的に学ぶ(メンタルとフィジカル) の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」
1 リバウンドしないダイエット法
2 メンタル強化と心身の健康法
3 精密な運動能力UPメソッド

 
上記3つを確実に習得するための具体的な指南書(教科書)です。


 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/