・呼吸するだけ 基礎代謝ダイエット
 
     ・呼吸するだけ メンタル強化健康法
 
     ・呼吸するだけ 精密身体操作法
 
体幹操作と一撃必殺の直突き(ストレート)中山明三Official Site 

 
 
トップページ 代謝ダイエット メンタル力強化 運動能力UP スポーツと体幹 全国犯罪発生率
 
体幹操作理念 体幹護身術 プロフィール お問い合わせ よくある質問
 
 TOPスポーツ&体幹操作 記事集体幹操作と一撃必殺の直突きストレート
 

 体幹操作と一撃必殺の直突き(ストレート)


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

あなたは意識呼吸、心理と云われるメンタル面(内面)が、身体の動きや身体そのものに、
どれだけ影響しているかご存知でしょうか?

その呼吸法も含めたメンタルの力を身体に取り込むだけで、 外部からの敵に対し内部の抵抗力を高め強靭な心肺機能を活性化させると共に、 身体の基礎代謝を上げリバウンドしない太りにくい体質へと変化させて行きます。

呼吸と体幹軸を併せることで身体能力や運動能力の精密度もUPし、スポーツや護身術などにも優れたパフォーマンス を発揮させることができます。

また呼吸や意識などメンタルへのアプローチが全身の機能を高め免疫力を強化させ、 身体の抵抗力をはじめ全身的なポテンシャルを引き出すということをご存知だったでしょうか?

 

さて、体幹操作と一撃必殺の直突きストレート)」 について、 直突きという言い方は、空手界でもあまりしなくなったのかも知れません。 つまりは、ボクシングで言う(ストレート)パンチとは、使い方に大きな違いがあります。

正拳突きとの形上の違いはと言いますと「正拳突き」が拳の甲を上に向けて、いわゆる正拳で突くのに対して、私が言う 「直突き」は、シンプルに言えば、正拳でも縦拳でも形上には関係なく、体幹との連動で 槍のように真っ直ぐに突く抜く拳だと言えます。

心身武道空手の「直突き」には、2通りの突き方があって、一つは統一体にした身体を移動させながら、 真っ直ぐに拳を出す直突きで、槍で相手を突くイメージの突き方で、体幹操作の基本を 習得すれば可能な突き方です。

二つ目の「直突き」は少々高度な突き方になりますが、「体幹操作の基本」から 応用までを修得することで可能になる貫通する突きでもあります。

この突き方は、体幹を一体化させる統一体という基本を習得した上で、次のレベルで体幹 を開放した脱力体を作ることで可能になる突き方です。

体幹操作には、身体の一つ一つの関節を瞬時に一体化して統一する使い方と、身体のすべての関節を 「瞬時にバラバラ(脱力)」にする使い方、大きく分けてこの「2つの使い方」があります。

「統一体は身体の遊び」をすべて取って一体化した使い方ですが、一方「脱力体は体幹を流体」の如く 液体化した使い方だとも言うことができます。

しかし「流体の如く液体化」した体幹の使い方は、使用すべき関節をイメージで瞬時に抜いていく訓練が 必要になります。この各関節の抜きをはじめ、更には背骨の主な椎骨関節すべてを抜いて行くイメージ訓練法もあります。

 

  体幹を使わないストレートはスピードは速くても突きが軽い原因は何か?


これを訓練して行けば、特に体幹内を水が流れるような感覚で使うことが出来ます。 これは「秘伝」になりますので、ここでは公開できませんが、体幹操作法の訓練を続けて行くうちに、もしかしたら 自ら才能が開花することもあるかも知れません。

「基本の統一体と応用の脱力体」について書きましたが、つまり「突き方」の方法論やテクニックばかりを学んでも、 この「体幹の使い方」ができていなければ体幹操作の直突きを放つことは不可能だと言えます。

では、なぜ「脱力体」からの突きが重要なのか? 現代の空手などで突いている「直突き」は、拳のスピードは速くても、 パンチが軽い突きが多いと感じた方も多いのではないでしょうか。

「それはなぜか?」それは「腕、肩、上部背筋(ローテーターカフ)」などの筋力を主に使って、突いている突き方だから なのです。つまり身体の部位を「岩のように固めて突き」を出している訳で、見る人が見れば「居付いた」ぎこちない突き方に なっているということです。

しかし、身体の中を水が流れているように、また地球の重力と共に拳に運んでいくことができれば、拳自体がすでに 「鉄球の重み」を持った振り子のように、対象物に当たるということです。

その「重い鉄球」を身体に叩き込まれる訳ですから、それは [貫通力や透徹力] というものは半端じゃなく、重たい破壊力を 秘めた突き方になるというのは想像に難くないでしょう。

この重みのある突き方を簡単に解説しますと、まず「体幹を液体」のように柔軟にできることが前提ですが、骨盤部から 胸郭部(ローテーターカフ)へと連動させながら重みを流し込み、次に「肩、上腕、前腕、拳] へと流します。 もうこの時点で拳自体が重さを感じる状態になっていれば、それを相手に向けて突き放つだけです。

末端の拳に重み(気)を運んで行くことを、太極拳などでは「運気」などと呼び「発勁」を使う直前の準備であり 「蓄勁(勁力を溜めた状態)の段階だと言えます。

私が習得した古流空手では、中国拳法でいう「発勁(ハッケイ)」⇒「当波(アティファ)」と呼んで修行しますが、 双方とも使い方や操作法は、ほぼ同じだと思っていいでしょう。

「突き方自体」は、差ほど難しくはありませんが、突きの場合は特に「体幹操作の脱力」が重要で、臍下丹田から中丹田が 位置する胸郭部へ、重みを引き上げて柔軟なローテイターカフを使って、肩、肘、手関節を通して拳に重みを乗せます。
※ローテイターカフ=(棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋)の筋肉郡の総称。

つまり「体幹の使い方」が最重要でありますので、まず「脱力体の作り方」
習得するための準備が重要なんです。



体幹の使い方 6へ

Amazon 電子出版書籍のご案内
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」
体幹操作法とは何か・・体幹操作法のメリットは? デメリットは? 等など、まずは自宅で練習する内容を知りたい方は
こちらから↓


本格的に学ぶ(メンタルとフィジカル) の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」
1 リバウンドしないダイエット法
2 メンタル強化と心身の健康法
3 精密な運動能力UPメソッド

 
上記3つを確実に習得するための具体的な指南書(教科書)です。


 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/