・呼吸するだけ 体質改善ダイエット
 
     ・呼吸するだけ メンタル強化健康法
 
     ・呼吸するだけ スポーツ上達メソッド
 
北朝鮮最高指導者の金正恩氏が脳死状態?|中山明三Official WebSite

 
 
HOME 代謝ダイエット メンタル力強化 運動能力UP スポーツと体幹 体幹操作理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
無料格安 e-百貨店 呼吸ダイエット秘帖 メンタル力強化秘帖 スポーツ 体幹秘帖
 
 HOME最新トレンド記事まとめ>北朝鮮最高指導者の金正恩氏が脳死状態?
 

 北朝鮮最高指導者の金正恩氏が脳死状態?



こんにちは中山です。

北朝鮮最高指導者の金正恩氏が脳死状態
正恩氏は呼吸しているが事実上「植物(人間)」説?だとか。
真実かデマか・・その真相は?


....................................

北朝鮮最高指導者である金正恩氏が、 脳死状態に陥っていると伝えられている。

情報源は、中国の対北朝鮮政策のトップで、 これまで北朝鮮へ50回も渡っている人物である。

この枢要な人物から、韓国の金大中政権当時、 大統領府の初代国政状況室長を務めた。

第16代国会議員を歴任した張誠ミン(チャン・ソンミン)氏へ、 電話で伝えられたものである。
(『勝又壽良の経済時評』勝又壽良)

北朝鮮最高指導者の金正恩氏が脳死状態?の真相は・・

....................................


まだ未確認情報ながらも「正恩氏は呼吸しているが、
事実上「植物(人間)
」状態である。

(23日朝)北朝鮮の高位職が状況を見て 事実上死亡と結論を下したようだ。
とも伝えられたとも云われる。

それが事実だとしてもデマだとしても、 個人的にはまったく影響はないが、
私たち日本人にとって興味深いニュースである。

世界中が新型コロナで奮闘している最中、 タイミングよく死亡説が表に出てきたこと自体、
なにかの策略のような気もしないでもない。

何をしでかすかまったく解らない北朝鮮だからこそ、
トップの死亡説までも疑われ信用されていない。

しかし、今はもう北朝鮮なんかどうでもいい。
世界中が新型コロナの関心まっしぐらへと向いているとき。

それでも新型コロナ感染が原因なのか?

それともただの太り過ぎなのか?
またまた只の病気によるものか?

・・ちょっと気になるのはなぜか?
金正恩・・もう既に我々の潜在意識は金正恩に洗脳されてしまっている。


・厚生労働省 HP
・ご意見・ご感想 | 首相官邸ホームページ



トレンド記事まとめ へ

Amazon 電子出版書籍のご案内
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」
体幹操作法とは何か・・体幹操作法のメリットは? デメリットは? 等など、まずは自宅で練習する内容を知りたい方は
こちらから↓


本格的に学ぶ(メンタルとフィジカル) の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」
1 リバウンドしないダイエット法
2 メンタル強化と心身の健康法
3 精密な運動能力UPメソッド

 
上記3つを確実に習得するための具体的な指南書(教科書)です。


 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/