「体幹操作」達人が使う身体操作の基本
 
中山明三 オフィシャルサイト

トップページ 体幹基礎と基本理念 体幹 師範profile 体幹操作問い合せ 体幹の使い方Blog
 
 TOP >「体幹操作」」達人が使う身体操作の基本
 

  「体幹操作」達人が使う身体操作の基本


 

多くの人は自分の身体さえ充分には使いこなしていません。

自分の身体(五体)だけを使って、他を無視した身体の使い方をしているのが、 ほぼすべての人間の身体の使い方になります。

それを詳しく解説すると、恐ろしく長い文章でも語り尽くせないかも知れませんので、ここで簡単に 解説してみますね。

一般の身体の使い方は、例えば「物を取る場合」ではどうでしょうか? 肩や腕の筋肉を中心に それらを上手く伸縮させながら「物を取るという作業」を無意識で行っています。

もう一つ例を上げれば、相手を押したり引っ張ったりする動作はどうでしょうか?  これも腕や肩、少しだけ背中などの筋肉を使って「押したり引いたり」をほとんどの人が 行っているのではないでしょうか。


このように私たちが、生まれて間もなく両親や身近な人たちから影響され、脳にすり込んでしまった 身体の使い方を、意識的に脳に別の使い方を書き換えようというのが「体幹操作」です。

しかし、中には希にこれら一般的な身体の使い方とは違った使い方をしている人たちがいます。 それは一流のアスリートや限られたプロのスポーツ選手、武術家の中に見ることができます。

では、一般的な身体の使い方とはどう違うというのでしょうか? それを一言で言い表せば、 基本的な「体幹の使い方」にその違いがあると言えますね。

  野生の動物が獲物を追って疾走する姿こそ・・



ちょっと想像してみて下さい。野生のチーターや豹が獲物を追ってサバンナを疾走している姿を、 前脚も後ろ脚もそれほど太くもないのに、すごいスピードで獲物を追って走っています。


なぜ、彼らはあんなに速く走れるのでしょうか? その野生の動物が全力で走っているときの 「体幹」を見て下さい、体幹はどうなっていますか? 大きく波打っていませんか。

その体幹が大きく波打つことで、人で言えば「腸腰筋」などの体幹内部のインナーマッスルを 主体にしてフルに使って走っているというわけです。

人間で言えば体幹の骨盤部(臍下丹田)と胸郭部(中丹田)を5つの腰椎をジョイントにして、 前後に波打たせて走っているという訳なんですね。

最近、引退を表明している人類史上最速のスプリンター「ウサイン・ボルト」の走りをテレビで観た人も 多いと思いますが、何か他の選手と違う点を感じませんでしたか?

彼は、特に巡航速度に乗るまでは、体幹を前後に波打たせながら走っていますよね。腸腰筋と云われる インナーマッスルをフルに活用して走っているのです。

MRIで彼の腹部を見てみると、腸腰筋が腹部一杯に張り出していて、まるで 内臓が収まるスペースが無いくらいの腸腰筋の大きさが解ります。

一般的な手足の筋肉エンジンから発動させる部分的な使い方ではなく、要するに体幹をエンジンと して発動させて、そこから実際に使う手足にムチのように連動させている訳なんです。

まだ、他にも上達に応じて、地球の重力や抗力などに沿うために身体を作り上げるということも やって行きますが、先ずはこの「体幹の使い方」を習得しなければ、それらの「重力や抗力」に 沿う身体になることは不可能という訳です。


 
Copyright © 2017 中山明三 オフィシャルサイト All rights reserved.
by 心身武道研究会 飛鳥塾