「腰痛・肩こり」 慢性的な痛みや症状で悩んでいるあなたへ

HOME 施術案内/料金 プロフィール アクセス 予約・お問合せ 整体施術法
プロフィール
心身武道整体
肩こり治療
腰痛治療
骨盤矯正
Ameba (アメーバ)|ブログを中心とした登録無料サイト
  自分を極めろ!
ameba profile
整体予約・お問合せフォーム


救急救命処置法


もし、あなたが倒れている人を見たら? 
もし、あなたの前で大切な人が緊急事態になったら? 
こんな時にあなたが救急救命処置法を知っていたら!?


知っておきたい救急救命処置法

<救命処置を行なう上でやってはいけないこと>
勝手な判断で薬を
  飲ませないこと。
危険地帯でない限り
  患者を移動させないこと。
強く体を揺すったり
  起こしたりしないこと。

まずは下の@〜Cを確認する    さらに詳しく確認する

@ 意識の確認?

軽く肩などを叩いたり耳元で呼びかけて意識がある場合は励ましの言葉をかける。
意識がなくなると、空気の通り道の気道がふさがれやすいので意識がなかったら、まず気道を確保する。


 (意識の確認)  (気道の確保)

A 顔色の確認

唇や爪の色が紫色をしていないか?紫色=チアノーゼはかなり危険状態。
顔色が紅潮していたら脳出血の可能性もある。顔面が蒼白の場合は脳梗塞の危険がある。



   (顔色の確認)

A 呼吸の確認?


手のひらや頬を患者の鼻や口に近づけて呼吸をしているかどうかを確認する。
呼吸がなければ人工呼吸を行なう。


  (呼吸の確認)

B 瞳孔を確認


両方とも瞳孔が開いたままの場合はかなり重症で生命の危険がある。
片方が開いている場合は脳を損傷している危険がある。
 


       (瞳孔の確認)

B 脈の確認?

手首の中央より親指側や首の頚動脈で脈を確認する。
脈がない場合は心臓マッサージを行なう。



  (脈の確認)

C 骨折の確認


折れた部分の骨が飛び出したり、ぶら下がっている場合以外でも、皮膚が変色したり腫れなどが見られる場合は骨折を疑う。


      (骨折の確認)


C 出血の確認?
 
 
外見上出血が見当たらなくても、内出血を起こしている場合もあるので、よく観察する。
外的出血があれば止血を行なう。


 (出血の確認)

D 服毒・中毒の確認
 


激しい腹痛や嘔吐を繰り返す場合は、服毒や中毒の可能性がある。
また全身が痙攣したり、異常興奮状態のときも、その可能性がある。


  (痙攣や興奮などの確認)
救急車を呼ぶ

こんな時は誰でもあわててしまうものですが、落ち着いて必要事項を
正しく伝えることが大切です。

 
@まず、落ち着いて救急車が必要だということを伝える。
A場所・住所を正確に伝える。
B近くに目印になるような物があれば伝える。
Cいつ、どこで、だれが、どうしてどうなったかを伝える。
Dけが人や病人の人数を伝える。
E通報している自分の名前と電話番号を伝える。
F現在行なっている応急処置を伝え、救急車到着までの処 置の仕方を聞く。
G電話を切ったら救急車のわかりやすい位置を示す。
 
 
人工呼吸(蘇生法)心臓マッサージ

人工呼吸(マウス トウ マウス)の仕方

@首の下に片手を敷いて、少し持ち上げ一方の手で額を少し下げて気道が水平になるようにする。


A片方の手で鼻をつまみ鼻から空気が抜けないようにして、患者の胸が膨らむのを確認しながら、口から息を吹き込む。




B終わったら口を放し患者の胸が下がるのを確認する。そして再び息を吹き込む。

これを5秒間に一回の割合で繰り返す。( 子供の場合は4秒に一回)

心臓マッサージの仕方


@患者を固い床に仰向けに寝かせる。


A胸骨の中間点に手のひらを置き3〜4cmほどへこむように体重をかけて真っ直ぐ下に押す。
1分間に80〜100回を繰り返す。

B二人で蘇生する時は、心臓マッサージと人口呼吸法を組み合わせながら行なう。
心臓マッサージ5回と人口呼吸1回をセットで救急車が来るまで繰り返す。
肩こり・腰痛には頭蓋骨と仙腸関節の整体!

止血の仕方

止血の基本は、とにかく傷口を押さえて圧迫すること。


@清潔なガーゼか布を傷口に当てて押さえるか、包帯やタオルなどで強く巻き、傷口を心臓より高く上げておく。
 普通、たいていの出血はこれで止まる。
 (時々開けて見てはいけません!)







A大きな血管が切れて大出血していても、傷口をガーゼなどで強く押さえ圧迫するのが最善だが、傷口が大きすぎて押さえきれない場合は、傷口よりも心臓側を強く締めて血流を止める方法があるが、締め方が弱いと逆に出血がひどくなることがあるので注意が必要です。
とにかく傷口を強く押さえて専門医に診せること

B大量出血の場合、ショック状態を防ぐために、患者をあお向けに寝せて両足を持ち上げてショックを防げる場合もある。

予約・お問合せフォーム

達人力養成セミナー
自宅に居ながら肩こり解消
 飛鳥塾整体院  
 福岡市城南区七隈7−31−15  
092-861-5827