・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
護身術と防犯用グッズ 体幹力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOME護身術体幹操作護身術と防犯用グッズ 体幹力のすすめ
 

  護身術と防犯用グッズ 体幹力のすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 

あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは特に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。


こんにちは
体幹操作法」の中山です。

「護身術と防犯用グッズ 体幹力のすすめ」について、
一つには「護身術用の武器で身を守る方法」例えば催涙スプレーやスタンガン
などもそうですが、
メリケンサックやナイフを携帯してる人もいるようです。

護身術の武器で身を守る、もう一つの方法として凶器に変わる素手の使い方
「人体の急所攻撃」などが強烈な護身術の武器以上の脅威になりうるものです。

前者のデメリットは武器を奪われた場合、
逆に自分がその武器によって被害を被るということが上げられます。
「後者の場合のデメリットは急所の位置や攻撃方法」を少なからず学び訓練必要がありますが、
武器を奪われて逆にやられる心配は前者に比べてもほぼないと言えますね。

「護身術用の武器」と言いますと、
催涙スプレーやスタンガンなどの護身術用グッズを想像しますが、
護身術は、これらの護身術用のグッズに頼らなくても、身体の使い方で、
身体を瞬間に武器化することや人体の急所を知る事で、身を守ることが可能になります。

体幹操作や身体の使い方を、本格的に学ぼうとすると時間も掛かりますし、
また努力も必要になりますが、瞬時に身に付け実用できる
「護身術用の武器」は、即効性はありますが、
実際に使うと過剰防衛にもなりかねないケースも出てきます。

武器を手にしリスクを負うより、急所の部位と攻撃方法を知るだけで、
すぐに使える強力な護身術になります。
先程も書きましたが、これは「緊急避難的」に使うもので
乱用すれば犯罪になり人を殺傷する武器にも成りかねませんので充分に注意が必要です。

さて、身体の使い方の「一眼二足三胆四力」「二足」なんですが、
護身術の身体の使い方の中でも、足は足裁きや下段の蹴りは協力な武器になります。
特に脚や下半身の急所蹴りは一撃で立てなくなる強烈な武器です。

胴体・体幹が重力の方向へ落下しようとする、
その瞬間に放つ股関節から下脚の急所に打ち込めば、
大概の人間は立っていられない程のダメージを受けますね。




 

  武道には「小よく大を倒す」「柔よく剛を制す」という格言がある。


蹴りを放つ場合「足が身体を支え過ぎる」から
重力に沿えなくて重たい蹴りにならないのです。
結果的に重力を蹴りに乗せることが出来れば、重たくて破壊力のある蹴りになるはずです。

重力を味方に付けて自然の力に沿うことを知らないと、
自分の身体を自由自在に思うように使ったり、
一撃必殺と言われる強烈な攻撃技は不可能ですし先ずできないんですね。

いくら筋トレをして筋肉を強化したとしても、身体の大小はどうにもならないのだから、
自分の筋力以外の使い方を理解しないと武術では闘えないのです。

そうじゃないと「生れ付きの怪力や巨漢」にはどう足掻いても勝てませんよ。
もしそうなら武道武術を稽古する意味もありませんし、
武道の存在する意味すら無いに等しい訳で
「俺は小さいから」という理由で負け犬になってしまう以外にありません。

ではなくて、武道には
「小よく大を倒す」「柔よく剛を制す」という格言があるでしょ?
武道や武術は自分の身体の大小や強弱には関係なく「自分を最大」にして使うことが可能ですし、
その方法も確立しているのですよ。

「技は術の中に、術は理の中に包括」され、
その全ては「地球の法則」に従うことでしか、
私たち人間が「最大かつ最強」のチカラを発揮することはできないのです。

まとめますと・・
「二足の足」とは・・二番目に大事なのが「足さばき」
などと言われる [足の使い方] です。
この「足の使い方」で体幹部分が足に付いて移動するわけですので、
手足に体幹の重心が乗る形になります。

重心を後ろに置いた状態で拳を突き出しても、
大した威力にはなりませんが、足がその位置を取って拳を出せば体幹の移動と拳のスピードが、
ピタッと一致しますので大きな威力が発生するという訳です。
これは剣でも投げでも共通です。


実際に世界の特殊部隊や警察などでも使われている本格的なプログラムです。
女性にも無理なく習得できるプロ仕様の護身術を自宅で身に付けたいと思いませんか?


護身術と体幹操作 TOP へ
護身術 自宅で強くなるDVD へ



【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。

↑私の商品を紹介してアフィリエイトで稼ぎませんか!


Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/