14位 栃木県の犯罪発生率(護身術)体幹操作法 中山明三Official Site

トップページ 体幹操作法 奇跡の力 体幹操作法 基本理念 体幹整体 出張指導 お問い合わせ
 
スポーツ&体幹操作法 護身術体幹操作法 護身術&全国犯罪率 よくある質問「Q&A」 無料メルマガ登録
 
 TOP護身術犯罪発生率ランキング 47>14位 栃木県の犯罪発生率(護身術)体幹操作法

 

  14位 栃木県の犯罪発生率(護身術)体幹操作法




こんにちは
体幹操作法」の中山です。

「14位 栃木県の犯罪発生率(護身術)体幹操作法 」 について、あなたは「痴漢やストーカー、路上強盗やひったくり」などから、身を守る準備はもうお済み でしょうか?

栃木県は「人口約200万人」「面積6,408km2」の「いいひと いいこと つぎつぎ(とちぎ)活力と 美しさに満ちた郷土(とちぎ)」をキャッチフレーズにしている県です。

栃木県は、関東北部に位置し「県境部に海岸線を持たない内陸県であり海の無い県」です。 観光業は日光、鬼怒川や那須、塩原が有名で「鬼怒川温泉や日光湯元温泉、那須温泉郷、塩原温泉郷」などを有しています。

栃木県の犯罪発生率は「1.294%」で、47都道府県では14位、刑法犯認知件数「25,981件」ですので、 人口「200万人」の県民からすると多いのかも知れません。

また、栃木県の外国人比率は「1.316%」で、日本で15番目に多い外国人の比率です。 因みに、外国人人口は「26,429人」が栃木県に住んでいます。

栃木県は「人口約200万人」「面積6,408km2」を有している県ですが、元々、幾つもの 小藩や幕府領に分かれていたため「連帯感や結束力に乏しかった県」なのです。

歴史的背景からも「力の強いほうになびく生き方」をしてきたため、日和見的性格が形成されたと言われていますが、 また無個性で県民意識は希薄ですが、強いて言えば「保守的で真面目人間」が多いことかも。

方言のクセが強いので「口ベタでシャイで誤解を受ける」ことも多いが、最近はあれほど隠したがっていた栃木なまりを 大いにアピールして「無個性でも個性を強調する県民性」なのかも知れません。




  栃木県警の犯罪抑止活動と歴史、犯罪防止の護身術心得控


栃木県警察は「19警察署、交番74ヶ所、駐在所196ヶ所、警察職員3,186人、パトカー300台、 白バイ50台、船舶1隻、ヘリコプター1機」体制で栃木県民200万人の治安を日夜守っています。 (http://www.pref.tochigi.lg.jp/keisatu/) 栃木県警察ホームページ

ここまで栃木県の犯罪発生率をはじめ、栃木県警察や外国人比率、人口、県民性など、栃木県に関することを調べて きましたが、世界的にも全国的にも犯罪は無くなるどころか増加しているのが現状です。

「世界的規模で起こっているテロ事件」などは、個人レベルでは防ぐことは不可能ですが、毎日のようにニュースで報道 されているテロなど大きな事件の裏で、今ではニュースでも一々取り上げられないほど、多くの「痴漢やひったくり、強盗や強姦」 などが起こっていることも事実です。

報道されないから減少したのではなくて「いちいち報道することも出来ないほど増加」していると考え、個人的にも何か対策 や準備を、しておかなければならない時代に入っているのです。

殺人事件ともなれば、さすがにニュースでも報道されますが「暴力や痴漢、窃盗」など比較的軽い犯罪は日常茶飯事、 あなたの目の前でいつ起きても不思議ではないことなんです。

対策や準備といっても、ずっと道場やジムに通う訳にもいかないし、どこでどう準備をすればいいのだ!そう思いますよね。 しかし逆に何度か道場やジムで教わっても実際の場では使えません。

例えば「自転車に乗るのに何度か乗り方の説明」を受けても乗れませんよね。 これと同じで何度も反復して「身体に落とし込んでしまわなければ」乗れないし、使えないんですね。



※このページは全国の犯罪発生率をランキングにしたサイトで、
  各都道府県警察とは一切関係ありません。






護身術 TOP へ
護身術 自宅で強くなるDVD へ



本格的に学ぶ(意識と身体)の使い方
「体幹操作法」オリジナル教材 好評発売中!

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。体幹操作とは、体幹トレーニング+意識の トレーニング法です。
先ず「・体幹を作る・軸を養成する・意識で動かす」 この三つを確実に習得できるオリジナル教材として公開します。

Amazon 電子出版書籍のご案内

Amazon kindleストアから
奇跡のチカラの謎を解く「体幹操作法」という電子書籍を出版しました。

 

 
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/