・たった一人で痩せられる基礎代謝ダイエット法 
 
・自宅に居ながら集中力UP、一人でメンタル強化
 
 ・誰にも知られず体の中心から強くなる武道スポーツ
 
武術呼吸で基礎代謝を高める方法 Dietのすすめ|体幹操作法 Official WebSite

 
 
HOME ダイエット 記事 メンタル力 記事 武道スポーツ 記事 体幹操作 記事 体幹操作の理念
最新トレンド記事 全国犯罪発生率 体幹と護身術 よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
ダイエット LP/特典 メンタル LP/特典 体幹操作法 LP/特典 セミナー動画/無料
 
 HOMEスポーツ&体幹操作 記事集8武術呼吸基礎代謝を高める方法
 

 武術呼吸で基礎代謝を高める Dietのすすめ|体幹操作法 Official WebSite

あなたは意識やイメージ、呼吸や心理などのメンタル面が、 自律神経を通して
身体の動作や身体の機能にどの位の影響を及ぼしているかご存知でしょうか?
当サイトでは主に武道やスポーツなどの例を上げ「体幹操作法」を解説します。





こんにちは
体幹操作法」の中山です。

武術呼吸基礎代謝を高める方法
先ず、基礎代謝を簡単に説明すると、運動などで身体を動かさなくても消費するエネルギーのこと。

私たちの身体は運動したとき、身体を動かしたときだけ、
その運動エネルギーでカロリーを消費するわけではありません。

ジッとしていて動かなくても、
心臓や肺など多くの臓器は常に生命維持活動をしている訳でカロリーを消費しています。

ザックリ言うと、このような活動が「基礎代謝」なのですが、
これは各個人によって異なるもので、高い人と低い人がいるのです。

例えば、基礎代謝が低い人の場合、太りやすい、痩せにくい、
リバウンドしやすいなどの確率が高くなってしまいます。

逆に、基礎代謝の高い人の場合、太りにくい、痩せやすい、
リバウンドしにくいなど、低い人とはまったく逆になります。

冒頭でも少し説明しましたが、
これは基礎代謝の低い人はジッとしていて消費するカロリーが少ないためです。

そのため毎日強度の運動を継続しないと摂取したカロリーを消費できず、
消費できなかった残りのカロリーを体内に溜め込んでしまいます。

つまり、その消費できなかった残りが脂肪になって蓄積される訳で、
体内で燃焼不良を起こしてしまっている訳です。

この状態は、単に太り過ぎに留まらず様々な臓器にも負担がかかり、
健康状態を良好に保つことが困難になる場合もあります。



基礎代謝の低い人は、ダイエットのために多くの運動をしないと中々痩せられないため、
途中挫折してしまう方が多いのです。

仮にダイエットに一時は成功しても、
基礎代謝が低いとリバウンドして再び元に戻ってしまいやすいということになります。

例えば解りやすい例を上げれば、基礎代謝が1500kcalの人の場合、
一日に2000kcalを食事から摂取しているとして、
一日中まったく動かなかったと仮定すれば、この方は毎日500kcalが身体に蓄積している。

単純な例ですが、こういうことになる訳で、
基礎代謝が2000kcalある人の場合でしたら、
2000kcalを食事で取っても蓄積はゼロで、太りにくい体質だという理屈です。

ではどうしたら基礎代謝を上げることができるのか?
ということになりますが、これには大きく分けると2つの方法があります。

この2つの何れか1つ、もしくは2つとも実行すれば
更なる効果も期待できるということになります。

一つは運動ですが、この運動の継続ができずに断念する方も多い中、
二つ目の方法が酸素を充分に体内に取り組むということです。

つまり「運動と呼吸」ということになりますが、
一つ目が定期的な運動メニューを作って継続していく、
二つ目が呼吸法を行う、できれば武術呼吸法を習慣にする。

ジッとしていても太らない、リバウンドしにくい体質を作り上げるためには、
ジッとしていてはだめだということで、作り上げた後にジッとしましょう。笑

世の中にはそうそう棚ボタなんてありませんから、
有酸素運動を継続するか、もしくは呼吸法1(武術呼吸)の習慣を付けることが最も確実な方法です。

太りにくい体質を作り上げるまでの頑張りですね。
それさえもしたくない方は仕方がないですね。

取りあえず、長く吐く呼吸を意識してみて下さい。
そして先ずは「呼吸法(丹田呼吸)」の効果を体感してみて下さい。


横隔膜を鍛える


ダイエット TOP へ
メンタル TOP へ



【体幹操作法シリーズ】(Trunk manipulation)
ここからは「体幹操作法」の武術呼吸で習得が可能なデジタル教材のご紹介です!
 
●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
・スポーツ上達メソッドの3つが習得可能。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
・基礎代謝ダイエット
・メンタル強化メソッド
2つに絞って2つとも実現させたい方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
自律神経を介して基礎代謝を高める。
・基礎代謝ダイエット法
リバウンドしないダイエットがご希望の方。


●武術呼吸法をトレーニングすることで
集中力や想像力(イメージ)が鮮明になる。
・メンタル力強化メソッド
集中力、想像力など内面を強化したい方。



Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/